【ジョニー・デップ】『シザーハンズ』”雪が降る日に観たい”切ない人造人間の物語。主演は○○の予定だった!?【撮影秘話】

What’s up, 皆さん、RTです。

 

年が明けて更に寒さが厳しくなってきましたね。
そろそろ雪も降りだすんじゃないかと思うくらいです。

 

そんな雪が降る日に観たくなるのがジョニー・デップ主演の『シザーハンズ』です。
ジョニー・デップ出演の映画の中でも人気の高い映画ですので、観たことがある人も多いと思いますが、今回はその『シザーハンズ』について書いていきたいと思います。

 

関連記事

What’s up, 皆さん、RTです。   最近はラグビーW杯やNBAジャパンゲームの関係で、街中で選手たちを見かける人がいるのではないかと思います。 特に渋谷や原宿や新宿でチラホラ見かけるとか。。。 &nb[…]

 

『シザーハンズ』あらすじ

出典:映画.com

 

ある町外れの山の上に立つ屋敷に住んでいた老発明家。
これまで多くの発明をしてきた彼は生命の創造として1人の人造人間を生み出しました。
その人造人間・エドワード(ジョニー・デップ)はハート型のクッキーを心臓とし、ハサミの手を持っていました。
誕生日に人間の手の形をした手をもらうはずでしたが、老発明家が発作を起こし帰らぬ人となり、エドワードは手がハサミのまま、一人残されてしまいました。

 

時は経ち、町のセールスレディのペグ(ダイアン・ウィースト)が屋敷を訪ねます。
ペグはそこでエドワードに出会い、彼を不憫に思い家へ招きました。
自慢のハサミで町の住人達のヘアカットや創造性溢れる植木のカッティングで瞬く間に人気になったエドワード。
そんなエドワードはそこでペグの娘・キム(ウィノナ・ライダー)と出会い、恋をします。
最初はエドワードを毛嫌いしていたキムですが、彼の純粋な心に徐々に惹かれていきました。
しかし、エドワードはある事を切っ掛けに町を追われてしまう事に。。。

 

 

個性豊かな監督と名作曲家が組んだ作品

出典:PARARIUM

 

1990年に公開された『シザーハンズ』
1991年のヒューゴー賞 映像部門、1992年に英国アカデミー賞 プロダクションデザイン賞を獲得。
公開と同時に世界中で大ヒットを記録し、8600万ドル以上の興行収入を記録しました。

 

監督は奇才と呼ばれ、ジョニー・デップと何度もコンビを組んでいるティム・バートン
彼の作品はどれもどこか個性的で、本映画では町の家やエドワードが刈り込んだ植木などに彼の個性が出ています。

 

音楽を手掛けたのはダニー・エルフマンでした。
エルフマンは『バットマン』シリーズや『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』といった多くのティム・バートン作品で音楽を担当し、ジョニー・デップと同じようにティム・バートン作品には欠かせない存在です。

 

 

 

 

ウィノナ・ライダーの魅力が詰まった1シーン

出典:yaplog!

 

『シザーハンズ』の中で皆さんが好きなシーンはどこになりますか?
名作なだけに「ここが最高!」というシーンは人それぞれかと思います。
エドワードが植木を切り込むシーンや町のみんなの髪を切ってあげるシーンなどなど。

 

私が好きなシーンはクリスマスが近づく中でエドワードが氷をハサミで削ってキムの彫刻を作っているシーンです。
キムを演じたウィノナ・ライダーの魅力が一番詰まったシーンで彼女の美しさが画面からすごく伝わります。

 

 

 

 

トム・ハンクス主演の可能性があった

出典:CinemaGene

 

『シザーハンズ』の撮影が進む中で実は主演がジョニー・デップからトム・ハンクスに代わる可能性があった事を皆さんは知っていますか?

 

その時の事をジョニー・デップは下記の様に話しています。

 

 

「彼(ティム・バートン監督)は僕がどんな演技をするのか知らなかった。『エド・ウッド』の時もそうだった。実際に『エド・ウッド』や『シザーハンズ』、『スリーピー・ホロウ』の撮影の最初の2週間は役を降ろされるんじゃないかって思ってたよ。でも幸運な事に、ティムはスタッフ達を気に入っていて、僕はクビにならずに済んだんだ。」

“He didn’t know exactly what I was going to do when I walked on the set, the same thing with Ed Wood. In fact, I spent the first two weeks of Ed Wood and Scissorhands and Sleepy Hallow thinking I was going to be fired, that I was going to be replaced. But luckily Tim was happy with the stuff, and I didn’t lose my job.”

引用:MOVIEWEB

 

 

ティム・バートンが役者を代える噂は昔聞いたような記憶がありますが、ジョニー・デップもその危機感を持っていたようです。
そしてそんなジョニー・デップがひやっとしたのが現場にトム・ハンクスのファンが訪ねてきた時でした。

 

 

『シザーハンズ』の撮影をしていた時にカントリークラブの様な所で生活していたんだ。ある日リハーサルがない午後にノックがあった。女の子が2人いてサインか何かが欲しくて僕を訪ねて来たんだと思ったよ。ドアを開けて挨拶をしたら、「トム・ハンクスはいますか?ここに住んでいますか?」って言われたんだ。僕は「何だって?いないよ」と話した。そしてトムが僕と代わるんだと思ったよ。俳優人生で最も怖くなった瞬間だ。

“I can remember when we were doing Scissorhands we were living in this sort of resort, some kind of country club thing, and there was a knock on the door… one afternoon while everyone was off rehearsing. There were two young girls at the door and I thought, Oh, they found me and maybe they want me to sign something, I don’t know. So, I opened the door and said, How do you do? and they said, Hi. Is Tom Hanks here? Does he live here? I said, What? No. Not yet. And I was convinced that Hanks would be replacing me. I was convinced. It was one of the most frightening moments in my career.”

引用:MOVIEWEB

 

 

幸いジョニー・デップはどの作品も最後まで演じ数々のヒット作を生み出すことが出来ました。
ちなみにジョニー・デップが『シザーハンズ』にキャスティングされる前はトム・クルーズがエドワードを演じる予定だったようです。

 

 

【色褪せない名作を堪能】

出典:VideoMarket

 

いかがだったでしょうか?
長く本作のファンでしたが、今回この記事を書くにあたって私もジョニー・デップの話を初めて知りました。
好きな作品であってもいざ調べてみると予想だにしない事が分かるので面白いですね。

 

雪が降る日にはぜひ『シザーハンズ』を観てみてください。
私が何故そのようにこの映画を勧めるのか答えが出てきます!

 

それではHave a nice day!

関連記事

What’s up, 皆さん、RTです。   コロナウィルスの影響で家から出られずに退屈な時間をお過ごしじゃないでしょうか? それでも中には仕事に行かれている方も当然いらっしゃると思いますが、やはり普段と違っていつも[…]