【ジョニー・デップ】『スリーピー・ホロウ』人気のゴシック・ホラーをジョニー・デップで実写化。

What’s up,皆さん、RTです。

 

最近、記事を書く為にジョニー・デップ主演の映画をよく観ているのですが、私が『シザーハンズ』と並んで好きな作品が『スリーピー・ホロウ』です。
この映画も『シザーハンズ』と同じくティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組んで1999年に公開された作品で、曲はダニー・エルフマン。
しかし作風は『シザーハンズ』と違ってかなりホラー&ミステリー
劇中には人の首が切り落されて転がるシーンが何度もあり、小さい子が観たら絶叫もんです。
幻想的な舞台美術でアカデミー美術賞を獲得するほどその世界観が表れていて、観ていてその世界に引き込まれそうになります。

 

今回はそんな『スリーピー・ホロウ』をご紹介します。

 

関連記事

What’s up, 皆さん、RTです。   コロナウィルスの影響で家から出られずに退屈な時間をお過ごしじゃないでしょうか? それでも中には仕事に行かれている方も当然いらっしゃると思いますが、やはり普段と違っていつも[…]

【『スリーピー・ホロウ』あらすじ】

出典:excite.ニュース

 

1799年のアメリカのニューヨークの郊外にあるスリーピー・ホロウという村で殺人事件が起きた。
既に4人が殺害されており、遺体は首から上が持ち去られていたのだ。
この不可解な事件を担当する事になったイカボッド・クレーン警部(ジョニー・デップ)。
科学捜査を主張する警部で所属するニューヨーク市警からははみだし者とされており、古い裁判制度に反対している事から厄介払いされてスリーピー・ホロウに派遣させられたのだった。

 

クレーン警部が捜査をしていると目撃者から驚きの証言が出てきた。
犯人は“首なし騎士”ヘッドレスホースマン
20年前の独立戦争時に敵の首をはねていた残虐なドイツ人傭兵ヘシアンが自分の首を求めて蘇り、殺人を犯しているというのだ。
科学捜査を重視しているクレーン警部はそんな話は迷信だと信じず、捜査を進める。
村長や村の有力者たちが次々と殺されていく中、クレーン警部は村長の従者の息子であるマスバスや地主の娘カトリーナから捜査の協力を得る。

 

しかし、遂に警部の目の前にヘッドレスホースマンが現れた。
話に聞いたように首がない騎士。
ヘッドレスホースマンは警部の目の前で判事の首をはねて持ち去って行ったのだ。
目の前で首なし騎士の犯行を見たクレーン警部は彼の存在を認める事に。
何故ヘッドレスホースマンが蘇って首をはねているのか

 

今までの犠牲者は村長、村長の息子に従者、未亡人、判事、助産師。
捜査のさなかクレーン警部は彼らの”ある共通点”に気づく。

 

果たして犠牲者たちの共通点とは。
そしてクレーン警部は事件の真相に辿り着けるのか。

 

 

 

【原作がかなり異なる『スリーピー・ホロウ』】

出典:wikija.org

原作の『スリーピー・ホロウ』が世に出たのは1820年。
小説家のワシントン・アーヴィングが短編集の中の一編として『スリーピー・ホロウの伝説』を描いています。

 

今回紹介している『スリーピー・ホロウ』はティム・バートン監督の様々な脚色が入っている為、原作と大きく異なります。
まず、ジョニー・デップが演じたイカボッド・クレーンは原作では警部ではなく、町に新しく赴任してきた教師でした。
教師とは名ばかりで町では良い思いをし放題。
それを面白くなく思ったバスタスという若者がクレーンにヘッドレスホースマンの話をします。
その話をすっかり信じたクレーンはパーティーの帰り道をびくびくしながら進みます。

 

そして話に聞いたヘッドレスホースマンに出くわしてしまいます。
ヘッドレスホースマンの手には燃えるジャコランタン
恐怖にかられたクレーンは必死に逃げますが、ヘッドレスホースマンからジャコランタンを頭部に投げつけられます。
その一夜から明け、町の人々がそれ以降クレーンの姿を見る事はありませんでした。

 

原作ではヘッドレスホースマンの真相は明らかにされず伝説として物語を終えています。
原作と大きく違う所からミステリー性とホラー性が増して違った作品として楽しめるのがこの『スリーピー・ホロウ』の魅力なのかもしれません。

 

【イカボッド・クレーンに容姿を似せようとしたジョニー・デップ】

出典:naver

皆さんが知っている様にジョニー・デップはワイルドでセクシーな出で立ちをしています。
その為、『スリーピー・ホロウ』のイカボッド・クレーンと容姿が大きく異なっており、ジョニー・デップは下記の様にインタビューで話しています。

 

「ティム(・バートン監督)は人の動きに対して高い洞察力を持っている。
人間という動物をよく知っているんだ。
僕は最初、イカボッド・クレーンの大きな耳や尖った鼻、長い手足を補綴具で似せる事が出来ると考えたよ。
でもティムはすごく頭が切れていてそんな必要はないと言った。
他の方法があって、それに僕はまさに彼の言う通りだと思ったよ。
イカボッド・クレーンは表面では平然としていて自分自身を男らしい男と考えている。
でも内面は繊細で傷つきやすく、何かが欠けているんだ。
イカボッドはまるで思春期前の女の子の様だと僕は思った。」

 

“Tim has incredible insight into human behavior. He just understands the human animal very well. My initial idea that we could go with some prosthetics and it was sort of snipe nose of Ichabod Crane or the legendary of Ichabod Crane and that in the big ears and long hands and arms and stuff. Tim in fact was very smart in thinking that we didn’t need it. You know that there were other ways and I think ultimately he was right to show an Ichabod Crane who on the surface is kind of stoic and likes to think of himself as a sort of a manly man but in fact inside he’s very fragile, sensitive, flawed. Ichabod is a bit I thought of him almost as like a pre-pubescent young girl.”

参考インタビュー動画:youtube

 

1949年ディズニー制作の『The Legend of Sleepy Hollow』ではあまりクールには描かれていないイカボッド・クレーン。
それを踏襲しようとしたジョニー・デップでしたが、ティム・バートンは外見ではなく内面にイカボッドの弱さを表現しました
そのアイディアは他の監督ではなかなか出てこないだけに、従来の『スリーピー・ホロウ』ファンを魅了しているように思いました。

 

 

【ミステリー、ホラー、オカルトの3拍子】

出典:wikipedia

いかがだったでしょうか?

 

ティム・バートン世界が詰まった『スリーピー・ホロウ』。

 

何故ヘッドレスホースマンは首をかり続けるのか。
次は誰を狙うのか。
ヘッドレスホースマンを操る黒幕は誰なのか。

 

ジョニー・デップ出演映画の中でも1、2を争うミステリー、ホラー、オカルト性の3拍子揃った作品です。

 

ゾクっとしたい方はぜひ観てみてください!

 

それではHave a nice day!

 

 

 P.S. 映画・ドラマ好きのあなたへ

What’s up, 皆さん。 ビビりなRTです。   最近レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの共演で話題を集めている『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 映画好きな私 […]

こんにちは!石ちゃんです。 今回は本谷有希子氏の小説「生きてるだけで、愛。」のレビューです。   ではいってみましょう!   リンク   目次 1 ざっくりあらすじ2 序 […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは何か得意な事ってありますか? 何か1つ人より秀でている物を持っている人っていると思いますが、片や俳優であり別で歌手として活躍している人も […]

What’s up, 皆さん、RTです。   年が明けて更に寒さが厳しくなってきましたね。 そろそろ雪も降りだすんじゃないかと思うくらいです。   そんな雪が降る日に観たくなるのが […]

みなさんこんにちは。まるです。   今日は街全体が可愛らしい雰囲気でいっぱいのサンフランシスコについてご紹介したいと思います。 実は私が行ったことのある街の中で一番好きな街なんです。 &nb […]

What’s up, 皆さん。 最近携帯を買い替えたRTです。   つい1カ月前までiPhone 5sを使っており先日遂にXRに買い換えました。 契約プランをどうしようか考えた時にNETFL […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは何かを勉強する時、どの様に勉強していますか? 私なんかは英語を仕事で使っている為、英語の勉強が欠かせない状況です。   ▼私の […]

What’s up, 皆さん。 ジブラーのRTです。   ジブリ好きの人の事を「ジブラー」というらしいです(笑) 私の好きなジブリ作品は『紅の豚』と『天空の城 ラピュタ』。 どちらもロマンが […]

What’s up, 皆さん、『ボヘミアン・ラプソディ』熱が治まらないRTです。   映画のタイトルにもなっていて、クイーンの曲の中でも“We Will Rock You”や“We Are […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   もう7月も佳境。 ウォームアップを終えた夏の暑さに対抗するため、我が家の霧ケ峰がエブリデイフル稼働しています。 涼しい反面、のどを枯らしてコロナと間違 […]