【ピックへのこだわり】HISTORY「ウルテムピック」の魅力とは?!【ヒストリー】

こんにちは!石ちゃんです。

 

今回はピックの紹介です。

 

皆さんはウルテムピックって知ってますか?

 

私はこのHISTORY(島村楽器のブランド)から販売されてるウルテムピックを愛用しているのですが、今回の記事では

  • ウルテムピックとはどんなピック?
  • このピックの魅力、利便性

などについてなどをお話ししていきます。

 

是非、お付き合い下さい!

 

ズバリこのピック!

 

もう一度申し上げます。

 

私はヒストリーの「ウルテムピック」をここ数年間使用しています。

 

このピックは名前の通り“ウルテム”というプラスチック素材で出来ています。
(柔軟性や耐久性がある素材なのでメガネに使われたりします。)

 

硬さはハードで三角形のおにぎり型を好んで使っています。
※諸事情により下のリンクは硬さがミディアムです。

外観・形状の特徴

 

とにかくこのピック、弾きごごちが抜群にいいのです。
弦とピックがぶつかったときのアタックがちょうどよい当たり具合なのです。

 

持ちやすさ

 

私がこのピックを選ぶ大きな要因となっているのが、「持ちやすさ」がとても優れている点です。

 

無理なピッキングさえしなければ、指からズレたり、滑って落としたりということがほとんどありません

 

コードストロークから単音に移るとき、
また逆の単音からコードストロークへの移行でもピックはずれず安定したプレイをサポートしてくれます。

 

材質的にも指にフィットするのでスムーズなピッキングのサポートをしてくれます。

 

 

おにぎり型の利点

 

私はこのヒストリーピックの「おにぎり型」を利用しています。

 

「コード弾きも単音弾きもバランスよく演奏できる為」という理由もありますが、もう一つ私にとっての利点があります。

 

それは「指引きへの移行です」

 

というのも、私は右手の人差し指と親指でも弦をピッキングするというスタイルをする為です。

 

その際ピックは人差し指と親指以外の右手の指で握るのでおにぎり型だとスムーズな動作ができるのです。

 

 

 

色もスタイリッシュでかっこいいです。

 

半透明の飴色で中央にヒストリーのロゴが入っています。

 

削れたり、傷がついてもあまり目立たず、バランスの良い色合いとなっています。

 

音への影響

 

そんな弦とが相性のいいこのピック、音はどうなのでしょうか?

 

・・・これもまた素晴らしい!

 

ピックで弾いた弦を通過すると音抜けのいい、
「スコーン!」という音が自然に出ます。

 

アンプを通さずギターの生音でも「抜けの良い」音が出るのです。これはお見事。

 

とても音がよく出るピックと言えます。

 

ギターとの相性

 

ピック選びで「音質」や「弾きやすさ」視点で選ぶのはモチロンですが、
意外と「ギターそのものとの相性」というのは盲点になっている気がします。

 

このヒストリーピックは材質がちょうどよく硬い性質のため、
音が立ちます。

 

私はストラトキャスターを使用しているので、この音が立つピックととても相性がいいです。

 

ストラトは元々エッジが効いた音をしているのでこのピックはぴったりです。

 

どのような音を出したいかはその人の好みでしょうが、
特に硬くて音が立っているギターを使う際このピックはとてもいい仕事をしてくれます。

 

そのような「ギターそのもの」とピックの相性にフォーカスを当てて考え、このピックを使用しています。

 

 

ストックするくらいお気に入り

 

たまに私はこのヒストリーピックをまとめ買いしてストックしておいています。

 

何個もあれば、失くしてもすぐに弾けますしたくさんあれば豊かな気持ちで居れます。

 

1個120円と、それほど高価なピックでも無いので一気に30個まとめ買いする私です。

 

感想

 

私も様々なピックを試してきました。

 

ティアドロップ型から他のメーカーのオニギリ型、
他の材質のものや色々な材質と何個試したかわかりません。

 

しかしその間も練習して徐々にテクニックも上がってきたので自ずと自分に合うピックがわかってきた・・・という要因も大きくあるような気もしています。

 

今思えば「この練習の時はこのピック」という「時期的な偏り」も練習の発展途上であった気もしています。

 

極端な時はピックを使わず「指だけで弾く」時期もありました。
そう思うとその時その時の上手くなる過程で色々なピッキングの仕方、そして「その時に合うピック」というのが流動的に存在しているのもしれません。

 

これから私もテクニック、スタイルは変わっていくでしょう。
もしかしたらその時は、またちがうピックにしているかも知れません。

 

ただ、今の状態ではこのピックがベストと言えますし、
私の体験からこのピックをオススメします。

 

その人の好みや条件によってギターが違うようにピックも同じように違ってくるでしょう。

 

あなたも自分にとってのピックを選ぶ際、
このヒストリーピックはオススメですよ!

 

 

最後に

 

ヒストリーの「ウルテムピック」のオススメでしたが
いかがだったでしょうか?

 

とても優れて素晴らしいピックです。
音も弾き心地も多角的に総合点が高いハイスペックなピックとなっています。

 

もし、「どんなピックがいいんだろう?」という漠然とした迷いがあるのでしたら一度このピックを試してみてはどうでしょうか?

 

ぜひ一度使ってみてください!選択の幅は広がると思いますよ!

 

あなたのより良いギターライフをお祈りしています!

関連記事

こんにちは!石ちゃんです。   今回は「アコースティックギター」についてお話ししていきます。   利点、楽しさなどアコギの魅力を紹介していきます。 では行ってみましょう!   […]

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は以前紹介したKiesel Guitarsのギターオーダー方法を、要点だけまとめてさらに簡単に説明していきます。   Kiesel Gu […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   食欲の秋もそろそろ終わりを告げようとしています。 先月やたらと柿を口にしたなあ、と思い返して数えてみると10~11月の間だけで100個近く食べいたこと […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんが好きなアーティストのCDを選ぶ上で重要視していることは何ですか?   コアなファンならこのアルバムがおすすめ!っていうのがある […]

What’s up, 皆さん。   RGではないRTです。 この間髪を切りツーブロックにしました。 ただ最近涼しくなって頭周りがすごく寒いです笑 波平さんと逆パターンな髪のボリュームですが、 […]

What’s up, 皆さん。   最近英語の勉強を再開したRTです。   皆さんは何か作業をする時にどんな曲を聴いていますか?   私はよく洋楽を聴いていますが、邦楽が […]

  こんにちは!石ちゃんです。   今回の記事で取り扱うのは ブルースマン「ロバート・ジョンソン」についてです。   1930年代にギター一本でブルースの弾き語りをしてい […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回はKiesel Guitarsのギターオーダー方法を説明していきます。   Kiesel Guitarsは高コストパフォーマンスでギター […]

What’s up, 皆さん、RTです。   最近忙しい中、『ボヘミアン・ラプソディ』をDVDで観ました。 映画館でも3回観ましたが、今回で5回目です(笑)   『ボヘミアン・ラプ […]

どうもこんにちは、石ちゃんです。   今回の記事では私が所有するBOSSのマルチエフェクターGT-1についての 紹介や機能性、私の使い方を書いていきたいと思います。   ぜひ最後ま […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は私が初めて買ったCD、エルトンジョン(Elton John)のアルバム「YOUR SONG」について書いていきます。   当時の思い出から今聴 […]