【ヴィンテージ?ギター】超激レア!こんな極太カワイくないですか?※ネックの話じゃないよ【Brownie】

Hej!(ヘイ)
マーヴィンです。

 

食欲の秋もそろそろ終わりを告げようとしています。
先月やたらと柿を口にしたなあ、と思い返して数えてみると10~11月の間だけで100個近く食べいたことに気づきました。
秋って怖いですねえ…

 

 

さあ今回もヴィンテージギター?の話になります。

 

大学の頃からギターやベースを見るのが好きでよくネットで画像検索しています。
(一時期デジマートの新着商品を1日に10回くらいのペースで確認してりしていました…)

 

するとある時こんなギターに出会いました。

出典:Hyper Guitars

 

ギタリスト/ベーシストなら何か違和感を感じたはずです。

 

そう
サンバーストの黒縁の幅がめちゃくちゃ太いんです(笑)

 

 

こんなサンバーストのギター見たことありますか?

出典:Hyper Guitars

 

今回はこの太縁サンバーストについてお話していきます。
ヴィンテージギター?好きの方是非とも読んでいってください(笑)

 

 

マーヴィン’s考察

 

初見で見た瞬間おもわずナニコレ!?(笑)と声に出してしまいました。

 

はじめてネットで極太サンバーストを見つけたのは大学の頃でしたが、
それ以降もめったに見かけることはありませんでした。

 

私が思うに単なる塗装精度のバラつきじゃないかなあ~とは思ってます。

 

チョコバットの当たりくじのように
よし!数本だけ特別仕様として極太サンバースト混ぜとけ!」と意図的に作られたものではないと思うなあ…。

 

というのも
今までたまたま画像で見つけることができた極太サンバーストはどれも本物のヴィンテージ物だったんですよね(60年代物とか)。

 

今となってはギター制作技術が確立していて、これがギターっていう世間共通のだいたいのイメージがあるので、現在世の中に出されているギターの外観ってある程度統一性がありますよね。

 

しかし、マルチレイヤーの記事でも書いたように、当時の塗装技術って特別高くなかったので、たまたま黒縁を太く塗ってしまっただけのように感じます。
あくまで予想ですけどね!

 

ただ、
ギター塗装って人間が手でスプレーガンを使って塗っていくので、
縁の部分を重ね塗りしていくサンバースト系はベタ塗りのソリッドカラー系に比べて個性が出ます。

 

なので完璧に統一したサンバーストを作るのは難しいし、
個体バラツキが出るのが当たり前かもしれませんね。

 

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   そろそろ本格的に寒くなってきましたね。 最近はアイスのお供にあったかい紅茶が必須です! ラムレーズンアイスと紅茶の相性はバツグンですよ!   それはそ[…]

 

 

調べてみると…やっぱりただの塗装のばらつき?

 

この記事を書くに当たって適当なことを書くわけにはいかない、と思い多少調べてみました。

 

しかし、”黒ブチが太いサンバースト”に言及している情報は特別見つかりませんでした。

 

みんなそこまで極太サンバーストは気にしてないのかなあ…
と調査を終えようとしたその時!
ある画像を見つけました!

 

 

A…

 

 

 

出典:イシバシ楽器

 

画像の詳細を調べると、このギターは
“Fender Custom Shop / Eric Clapton Signature Stratocaster Brownie Relic 2-Color Sunburst Built by Todd Krause”
つまり最近作られたEric Claptonのレリックギターです。

 

しかもこのギターを作ったのは以前FenderC.S.イベント(リンク)で拝見したTodd Krauseさんじゃありませんか!
(これは何かの縁を感じるなあ…(笑))

 

Eric ClaptonのBrownieともなれば明確な目標(オリジナル)がある上での作製になりますので
そのオリジナルをきちんと見てみよう!と重い調べたところ…

 

 

オリジナルさっきのFenderC.S.製のBrownieで黒ブチの太さが違いますね。
なんなら動画中のレプリカも極太サンバーストではありませんしね(笑)

 

サンバーストの黒ブチの太さについて気にしていないのか、仕方がない事なのか…

どちらなんでしょうねえ。

 

 

さいごに

 

 

FenderC.S.の現行ラインナップを見てみると
なんとJIMMIE VAUGHANのシグネチャーモデルの画像が極太サンバーストでした。

 

出典:Fender

 

するとこちらは実物も立派な極太サンバーストでした!

出典:GUITAR PLANET

 

 

んんん…
謎は深まるばかり…

 

やはり、極太サンバーストはただの製品バラつきの比較的珍しい個体ってことなんでしょう。
いわゆる“画像はあくまでイメージでございます”と書かれるやつです。
サンバーストの太さまではクオリティに含まれないのかもしれませんね。

 

それにしても目の前で実物の極太サンバースト見てみたいなあ。

 

マルチレイヤーしかり極太サンバーストしかりギターの魅力ってどこまで掘っても尽きないなあ!

 

それでは皆さん、
Vi ses! (ヴィセ―ス)

 

 P.S.

 

 

▼まとめ記事も随時更新中!レリック/ヴィンテージギターを楽しもう!▼

関連記事

この記事は以下の人にピッタリなレリック/ヴィンテージギターの記事をまとめました。 ギターの歴史に触れたい人 ギターについて深く知りたい人 普通のギターに飽きた人 人と違うギターが欲しい人 アンティークが大好[…]

 

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

What’s up, 皆さん、『ボヘミアン・ラプソディ』熱が治まらないRTです。   映画のタイトルにもなっていて、クイーンの曲の中でも“We Will Rock You”や“We Are […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は私が大好きなバンド、ニルヴァーナのコアな名曲「ミルクイット(Milk It)」について解説していこうと思います。   お付き合いください! & […]

What’s up, 皆さん、RTです。   突然ですが、映画で使われた曲って結構耳に残りませんか。 歌詞は覚えていなくてもメロディーは結構覚えているかもしれません。   『タイタ […]

どうも!石ちゃんです。   今回の記事では私が崇拝するバンドの一つ「downy」の 良さ、聴きどころをみなさんにご紹介していきます。   では、行ってみましょう!   目 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんギター/ベースの装飾加工の1つ レリック(Relic)加工 ってご存じですか?   メーカーによっては エイジド(Aged)加工 ヴィ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんはこの年末いかがお過ごしでしょうか? クリスマスも終わり、今年も残るイベントは大晦日だけとなりましたね。   そんな年末さしかかり先日 […]

What’s up, 皆さん、RTです。 夏の暑さが徐々に終わって秋の涼しさに変わってきましたね。 併せて日の時間も短くなって来ている感じもします。 そんな中、国内ではラグビーとバレーボールのワールド […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです!   今回は エレキベースの開拓者 Jaco Pastrius(ジャコ・パストリアス) です。   3トーンサンバーストのフレットレスベースがトレ […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは海外旅行や外国人に話しかけられた時などに「この表現って英語で何て言うんだろ?」と思ったことはありませんか?   今回はマーヴィ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     今回も皆さんが大好きなスラップの話です! スラップ好きなら必ず1度は聴いたことがあるでしょう!! 一度聴くだけで記憶に残る コシがありパ […]