【世間のギモン】なんでCDなんて買うの?

 

Hej!(ヘイ)
マーヴィンです。

 

 

さっそくですが、
皆さんはCDを買いますか?

 

 

最近は
ダウンロードやストリーミングで音楽を聴けるようになって
CDを買う人は明らかに減ってきています

 

私自身も比較的に音楽を聴く方の人間ではあるのですが、
お金のない学生時代はどうにかして音楽を漁るために
定額料金で聴き放題のストリーミング音楽配信サービスで音楽を聴いていました。

 

実際CDを買い始めたのは社会人になってお金に余裕が出てからですね。

 

私の場合
まずGoogle Play MusicYoutube Musicで色んなアーティストをカジって、
おお!!この曲イイじゃん!!
と気に入ったアーティストのCDを買っています。

 

そんな中
友人・知人からよくこんなことを聞かれます。

 

 

  • なんでCDなんて買うの?
  • ネットで聴けばいいじゃん!

 

 

 

…うん、うん、
言いたいことはわかるよ。

 

便利なこのご時世だしね。

 

 

けど、
やはりダウンロードやストリーミングにはないCDの良さがあるんです!!

 

今回は
そのCDの魅力をお伝えするため
キーボードをカタカタ打っていきます!!

 

 

TheCDの魅力

 

私流ダウンロードやストリーミングにはないCDの良さはこちらです!!

 

  • 歌詞カードやジャケットを含めてアーティストの作品
  • 形に残る
  • 店員さんとおしゃべりできる

 

それでは上からいきましょう!

 

 

1. ジャケットや歌詞カードを含めてアーティストの作品

 

 

CDにはアルバムアートが描かれたジャケット歌詞カードが付いてきます。

 

CDを買うことによって
それらアルバムアート、歌詞カードを手に持って堪能することができます。

 

そんなのスマホとかPCで見ればいいじゃん
って思ったあなた!!

 

是非、
実際にCDを手に取ってみてください。
思い入れのあるアーティストのCDならなお良しです。

 

ジャケットに描かれているアルバムアートには
アーティストや制作関係者によって、
そのアルバムCDをモチーフにしたデザインが施されています。

 

ストリーミングなどデータでは見ることのできないジャケットの裏側・内側にも
彼らアーティストの世界は続いています。

 

 

そして、
歌詞カードを開くと
曲やアルバムの雰囲気に合わせたフォントや色、文字の配置で
歌詞が書かれています。

 

ネットで
アーティスト名 歌詞
なんて調べて出てくる歌詞には
何の思いも意図もないただの文字の羅列でしかありません。

 

これらジャケット、歌詞カード全てにアーティストが伝えたい世界観が込められていて
あなたが曲を聴く度にメロディーと一緒にその情景が広がってくるんです!!

 

 

また、
1枚に複数の曲がまとめられていることにも意味があります。

 

ダウンロードの場合1曲単位で購入できてしまいます。
しかし、アルバムは曲が集まってこそ意味のあるものです。

 

収録曲のそれぞれの雰囲気、
そして、それら曲の並び方によってCD自体も1つの作品として完成されています

 

全て落ち着いた曲で構成されたモノもあれば、
楽しかったり、悲しかったり1枚の中で起承転結が繰り広げられているモノもあります。

 

1曲だけ買うというのは映画の冒頭やクライマックスなど1シーンだけを掻い摘んで見るようなものです。

 

複数の曲が収められた1枚のCDを買うことによって
1曲だけでは伝わってこなかった、大きな枠でのストーリーを楽しむことができるのです!!

 

 

 

2. 形に残る

 

ダウンロードやストリーミングサービスは手軽に音楽を楽しめる反面
物理的に形として残すことはできません。

 

手に取ることができるかどうか
ってとても大事なことだと思います。

 

ダウンロードやストリーミングサービスの音源って
あくまでデータなので思い入れが浅くなってしまいます。

 

一度データで購入した曲って、データが消えてしまっても
またダウンロードすればいいや
って思った挙句、
スマホやオーディオプレーヤーを買い替えたタイミングでそのまま忘れてしまうこともあります。

 

ふいにCDラックや押し入れから忘れていたCDが出てきて
ああ、懐かしいなあ…久々に聴いてみるか!!
なんてイベントは起こりえないのです!

 

データだと一度飽きて忘れたら忘れたまま。

 

さらに、
契約制のストリーミングサービスの場合なんて
一度サービスを終了すると全て消えてしまい手元には何も残りません。

 

CDを買えばそのCD、アルバムアート、歌詞カードは
完全に一生あなたのモノです!!
あなたが失くしたり壊したりしない限り
大好きなアーティストの思いがこもった作品がずっとあなたのその手に残るんです!

 

 

3. 店員さんとおしゃべりできる

 

CDショップにいくと
店員さんに色んな話を聞くチャンスがあります!!

 

私の場合
某T●wer Rec●rdのような大手CDショップではなく
商店街にある小さなCDショップに行くんです。

 

そういう小さいCDショップにいくと
大手CDショップには置いてないCDを置いてあったりする上に、
その道の音楽に詳しい店長のオジちゃんがいるんです!

 

やはり音楽を聴いてきた年数が違うだけあって
私の知らない音楽の裏話を教えてくれるんです!!

 

私がちょっと
“JacoのCDが気になっry…”
なんて呟くと
“Jacoの何年の公演が聴きたいの?~
昔は日本のTVでもJazzがたくさん放送されてて~
Jacoが日本公演に来た時なんて色んなライブに殴り込んでたみたいで~”
とたくさんのお話がポンポン出てきます!

 

どのジャンルでもイケるのかな?
と気になり、
ジャズやファンク、R&B、ポップス、パンク…
色んなジャンルの音楽の質問(私が知らない・気になっている純粋な質問です)をしてみたのですが
どれも1聞けば10返ってくる状況でした。

 

その時はほんとにオジちゃんを尊敬しました!
惚れるぜオジちゃん…!

 

なので、
5分くらいで帰るつもりでお店に行っても
つい楽しすぎて1時間くらい話してしまいます…(笑)

 

これはネットでポチっとダウンロードしていては体験できない楽しさです!!

 

 

さいごに

 

以上が
是非知ってほしいCDの楽しさでした!!

 

冒頭で言った通り
私はCDと並行してストリーミングサービスを利用しています。

 

なので私はストリーミングサービスを完全否定するつもりはありません。

 

逆に
ストリーミングサービスやデータ配信(ダウンロード)で手軽に曲が聴けるようになったおかげで
より簡単により多くの人が多くのアーティストに出会うことができるようになっているいます。

 

その中で
好きになったアーティストのCDを買うことで
より深くそのアーティストを知ることに繋がると考えています。

 

ですので、
いっぱい音楽を聴いて、
たくさんの音楽を好きになって、
最終的に本当に気に入ったCDを買ってアーティストを応援していきましょう!!!

 

 

それでは、
Vi ses! (ヴィセ―ス)

 

 

P.S.

 

無料音楽アプリや違法ダウンロードは止めましょう!
STOP 違法音源!!

 

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は 厳選!!初心者・学生ベーシストあるある ということで、 私が思う 初心者・学生ベーシストが 日ごろ感じていること 今後体験するであろうこと を […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     今回も皆さんが大好きなスラップの話です! スラップ好きなら必ず1度は聴いたことがあるでしょう!! 一度聴くだけで記憶に残る コシがありパ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は 厳選!!大人のベースあるある ということで 私が思うベースあるあるを厳選しました!!     目次 1 厳選ベースあるある […]

What’s up, 皆さん. 最近車の中でクイーンを聴きまくっているRTです。   今回はクイーンのおすすめアルバムの記事ですが、かなり悩みました笑 とにかくどれも良すぎるのです! どのア […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   寒くなってきましたね。 私はついに風邪をひきました。 コンビニで新作アイスを見つけて喜んでる場合じゃなかったなあ。   さて、今回は楽曲紹介 […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回はピックの紹介です。   皆さんはウルテムピックって知ってますか?   私はこのHISTORY(島村楽器のブランド)から販売されてるウ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   そろそろ本格的に寒くなってきましたね。 最近はアイスのお供にあったかい紅茶が必須です! ラムレーズンアイスと紅茶の相性はバツグンですよ!   […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんはこの年末いかがお過ごしでしょうか? クリスマスも終わり、今年も残るイベントは大晦日だけとなりましたね。   そんな年末さしかかり先日 […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回の記事はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendlix)の「killing floor」についてです。   「killing floor」の原曲 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さん お待たせしました!!   前回に引き続き 今回はVictor Wooten(ヴィクター・ウッテン)のテクニックに迫っていきます!! […]