【十字路のブルースマン】「ロバート・ジョンソン」という名の現象【名盤紹介】

 

こんにちは!石ちゃんです。

 

今回の記事で取り扱うのは
ブルースマン「ロバート・ジョンソン」についてです。

 

1930年代にギター一本でブルースの弾き語りをしていた
ブルースマンです。

 

その圧倒的なギターの腕前から
十字路で悪魔と契約してギターテクニックを手に入れた
などという伝説が残っています。

 

なぜ彼の音楽は残り続けるのか?
そしてその魅力とはなんなのか?

 

では早速行ってみましょう!

 

初めて聴いた時の衝撃

 

私が彼のCDを購入したのは学生の頃でした。
私が大好きなエリック・クラプトンが心酔しているブルースマン
ということで「聴いてみよう」と思い買ったのだと思います。

 

早速聴いてみると、乾き切った高域の効いたギター音が響き、
その後に絞り出すような歌声が続きます。

 

 

?!

 

 

私は驚愕しました。
これはブルース音楽なのか?

 

それは「ブルース」という形態は取っているものの、他のブルースマンとは異質なものを強く感じました。

 

音楽をやっているというより”衝動を吐き出している”。
ギターというツールを使った原始的な音の吐露。

 

 

何か他の音楽家とは違う・・・

 

 

当時はさほどブルースを数多くは聴いてはいなかったものの、
ロバート・ジョンソンの異質さに何か空恐ろしいモノを
感じ取ったのは確かです。

 

それは、ジワジワと迫ってくる、刺激物のような味わいでした。

 

本能としてのブルース

 

 

彼の音楽を聞くたび思うのは、「非常に衝動的」という点です。

 

もちろん音楽をやってはいるのですが、
「衝動を外に出すための手段」として音楽を使っている
という印象を強く受けます。

 

彼の中に渦巻いているトグロが音として、ブルースとして、結果音楽として成立している。

 

感情、感覚ありきのブルースが音として吹き込まれているのです。

 

非常に強い情熱とでも言いましょうか。

 

 

驚愕のギターテクニック

 

そんな「衝動」のブルースを成立させている一番のキーは、
もちろんロバート・ジョンソン、彼が弾くギターです。

 

とにかくテクニックが半端じゃない!

 

低音で一定のビートを刻みながらのバッキングは
2〜3本のギターを同時に弾いているように聴こえます。

 

しかもただテクニカルなギターを弾いているだけ、
では解決していません。

 

よく耳をすまして聞くと、曲の場面それぞれでギターの
ダイナミクスや使う音が微妙に変化させているのがわかります。
彼はただ超人的なテクニックを持っていただけでななく、
そのスキルを見事にコントロールして、自らの表現に落とし込んでいます。

 

たまに私は恐ろしい想像をします。
それは「ロバート・ジョンソンがエレキギターを弾いたらどうなったか?
という想像です。

 

あれほどのテクニックをエレキで拡張したらどんな音が出るのか・・・?

 

あまりに鋭いサウンドがするのは必至でしょう。鼓膜が危険です。
その想像はちょっと恐い。

 

 

歌声

 

彼はまた、歌も素晴らしくうまいです。

 

曲ごとに表情を変えて声を使い分けるそのバリエーションの多さは
「歌を唄う」という範疇を完全に超えています。自由自在に声を操ります。

 

高音から低音を自由に行き交うそのトーンは
もはや「美しさ」まで感じることができます。

 

また彼の声の質は、ブルースマンのしゃがれた声とは
また一味違い、かなり鋭くよく通ります。

 

その恐ろしいほどのギターテクと鋭角な歌声。
これでブルースを演奏するわけですから、
伝説になるのは当然といえば当然です。

 

 

名盤紹介

 

ここまで演奏についての記述でしたが、
楽曲もとても秀逸です。

 

彼の音源を聴くのに一番手っ取り早いのが
公式のベストアルバム「the complete recordings」がオススメと言えます。
名曲揃いで楽しい!

 

ほぼ全ての曲は3コードのブルースという形態なのですが、
1曲1曲がそれぞれのニュアンスを持っています。

 

それは「曲の質がとても高い」
この一言に着きます。
とても考えて曲を作ったのだなぁ
という印象をリスナーに訴える秀逸なブルース。

 

どうやって作ったのか・・・本人に聴いてみたいです。

 

 

ロバート・ジョンソンそのもの

 

彼の音楽はとても良質で素晴らしいものになっています。
その質の良さは言葉をいくら並べても足りなく、結局「聴いてみる」のが一番彼を理解できます。

 

その「聴いて彼を知る」のが最善です。

 

が、彼を語る場合「悪魔と契約した」「毒殺された」といった
「ロバート・ジョンソン個人のエピソード」が一人歩きしている。

 

彼の偉大さを語るに、それはあまり必要ないと私は思っています。

 

というより「聴いて知る」こと。それがロバート・ジョンソンそのものであるはずです。

 

なぜならあんなにも説明しきれない素晴らしい音楽なのですから。

 

 

最後に

 

これほどまでのクオリティの演奏と楽曲を吹き込んだ、ロバート・ジョンソン。

 

彼が存在したこと、そして音楽を残したということに大きな驚きを覚えるのは私だけではないでしょう。

 

音自体は古いものですが是非聴いてみることをお勧めします。
大きな発見があるでしょう。

 

そしてこの音楽はこれからも残り続けると私は思っています。

 

それは悪魔云々の話ではなく、いいものは残る
という物事の本質の話なのです。

 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

こんにちは、石ちゃんです。   今回はスーパースリーピースバンド「クリーム(Cream)」についての記事です。   クリームは1966年に結成された3ピースバンドです。   […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんはバンドやアーティストのライブに行くことはありますか? 私は前職が土日勤務だったのでなかなか行けなかったのですが、アメリカ留学時に人生で初 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回紹介するのは The Beatlesの必聴ベースラインです!!   言わずとも知れていますが、 The Beatlesのボトムを支えてい […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   スラップと言えば? と聞けば間違いなく多くの人が Marcus Millerか彼の名前をあげるでしょう。   今回紹介するのは、 Red H […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     皆さんの中には “コントラバスコンプレックス” を抱いている方はいませんか?   エレキベースしか弾け […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     今回はオマケ記事、 FENDER CUSTOM SHOP(CS) EXPERIENCE イベントグッズ編です!     […]

こんにちは、石ちゃんです。   今回は私がギターの自宅練習用として使っている アンプ「Marshall AVT20X」の紹介をしていきたいと思います。   では、行ってみましょう! […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   寒くなってきましたね。 私はついに風邪をひきました。 コンビニで新作アイスを見つけて喜んでる場合じゃなかったなあ。   さて、今回は楽曲紹介 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は 厳選!!初心者・学生ベーシストあるある ということで、 私が思う 初心者・学生ベーシストが 日ごろ感じていること 今後体験するであろうこと を […]

ザーーーザーーー ざわざわ、ざわざわ、     Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   この画像は朝10:30のものです。 雨の中めちゃくちゃ並んでます。   […]