【40以降、老後の趣味にも】何歳からでも遅くない!!さあ音楽をはじめよう!!【楽器・レッスン】

Hej!(ヘイ)
マーヴィンです。

 

皆さんはきちんと趣味を楽しんでますか?

 

趣味ってすごいですよ!!
例えば気分をリフレッシュしてくれたり、上達することが自分の自信につながって生活の活力になったり、年齢関係なく初対面の人と仲良くなるキッカケになったり!!
特に社会に出てから本当にコレらを実感します。

 

このように趣味を楽しむのは大事なことなのですが、
趣味が全く無い方もいるのが現状です。

 

私の周りにも”趣味が無い“人が結構いて、帰宅後や休日飲みに行くか、家でダラダラしているだけのようです。
おせっかいですが”趣味を作りなよ”と聞くと、”今更はじめても遅いでしょ”、という答えが。

 

いやいや、何歳からでも新しいことを始めるのは遅くないよ!!

 

そんな”趣味が無い”方々に私がオススメするのは楽器です!!
今回フォーカスを当てていくのが40代より上、つまりそれなりに年を重ねてきた方々です。

楽器を趣味にするといっても様々な楽しみ方があります!

  • 家でゆっくり好きな曲を弾きたい
  • ロックバンドを組んでギターを弾きたい
  • サックスでジャズセッションに参加したい
  • 息子と一緒に演奏したい

などなど。
自分のスタイルに合わせて楽しめるのも音楽の良いところです!!

 

  • 今まで聴く専門だったけど実際に弾いてみたくなった。
  • 昔から音楽したかったけどなかなか手を出せなかった
  • 老後の趣味として楽器を弾きたい
  • 年下の人に混ざって音楽をする自信がない
  • 父親/母親が趣味を探している

という方々に特に見ていただきたい記事です。

 

 

新しいことを始めるのは何歳でも遅くないんです!!
40超えたって、定年退職した後だって!!

 



40以降の音楽は遅くない?

 

いやいや、やりたいと思ったことをすぐやらないと損!!

 

実際に私の周りにも40超えてから新しい楽器を始めてセッションに参加したり、60超えてからジャズを始めた方がいます。

 

それらの方々は皆さん

  • “ずっとやりたかったから初めてみた”
  • “このお爺さん案外やるなあって言われたい”
  • “残り少ない人生なんだから好きな事やって楽しみたい”

と全員“~したい”という欲求を糧にして楽しんでいます。
もちろんこれらの方の演奏は決して皆がみんな上手いわけではありません。
しかし、時間と共に明らかに上達しているのも確かでした!

 

年を重ねても向上意欲を忘れない姿勢は本当にカッコいいと感じます。
そしてこの年まで自分も上達することが出来るんだ、と私にとって希望にもなっています!!

 

このように何歳になろうが新しいことを始めるのは遅くないんです!!!

 

楽しいだけじゃない!楽器を弾くことは脳にも良い

 

楽器演奏によって脳はたくさんの刺激を受けます。
これは古くから言われてきたことであり、科学的にも証明されています。

 

私は脳科学者ではないので、いくつか文献を引用しますね。

 

器用さや肺活量の向上

ピアノやバイオリンを学ぶことで、指が機敏に動くようになり、手と目の連携作用が改善されます。また、管楽器を練習すれば、肺活量や呼吸の制御能力が向上します。

脳の灰白質の保持

ハーバード大学の神経学者Gottfried Schlaug氏による2003年の研究で、音楽家の脳が、そうでない人の脳より多くの灰白質を持っていることがわかりました。灰白質は記憶の保持と運動能力を司りますが、音楽家は、演奏するたびに灰白質を訓練しています。研究ではまた、毎週数時間しか練習しなかった被験者においても、4~5ヵ月後には記憶力に目覚ましい向上がみられたことが明らかになっています。

南フロリダ大学のJennifer Bugos氏による別の研究では、ピアノの個人レッスンを受けた60歳から85歳の高齢者が、6ヵ月後に、記憶の保持、言葉の流暢さ、情報処理、また計画力について明らかな改善を示したとしています。

ストレス解消

作曲をすることで、ストレスが解消され、快感物質であるドーパミンが脳内で分泌されることが照明されています。ドーパミンは、セックス、麻薬、美味しい食べ物などに呼応して脳内に分泌されるのと同じ化学物質です。

引用:livedoor NEWS

 

脳の活性化(ボケ防止)

「指は第二の脳」と言われるほど、指を動かす動作は脳の刺激に効果的です。ピアノを弾き指を動かすと脳は活性化し、ボケ防止・認知症対策につながります。ピアノを弾くためには、右手も左手も全ての指を使い、それぞれ異なる動きを同時に行います。このとき、脳の広い範囲が刺激を受け活性化されます。特に、日常生活では使う機会が少ない薬指や小指を動かすことは、脳にとって大変良いことであるといわれています。また、「弾く」のはもちろん、聴く・歌う・読む・書く・覚えるといった行為をまとめてできるのもピアノが脳に効くポイントです。

引用:Pianoseed.com

 

音楽の演奏はその情感とメッセージを 作り上げ理解することを必要とするので音楽家の多くは 優れた実行機能を有しています。その 一連の作業内容には 計画の立案や方略を練ること細部に注意を払うことが含まれ認知と感情の両面を同時に分析することが求められます。この能力は記憶システムの働きにも影響を与えます。

引用:TED

 

 

このように楽器演奏は脳を活性化させ、ストレス解消にも繋がるのです!!
まさに脳のアンチエイジングですね!!

 

どうやって始めたらいい?

 

当たり前ではありますが、楽器が弾けるようになる方法は大きく分けて以下の3つです。

  • 独学で練習
  • 身近な経験者に教えてもらう
  • レッスンに通う

 

独学で練習

 

最近は有用な情報がカンタンに手に入る時代になっています。

 

YoutubeGoogleで『○○(楽器名) 初心者 レッスン』や『○○(楽器名) 練習方法』と検索したら、初心者向けの練習方法が説明されている動画や記事がたくさん出てきます

サックスだって、ギターだって、ベースだって、色んな楽器の練習方法を調べられる時代なんです!!

私自身もよくYoutubeでベースのテクニックを調べています。

 

レッスンに通う

 

レッスンに通うことである程度以上の実力がある方に指導してもらうことができます
(中にはプロの方の指導を受けられる場合があります。)

 

他人に見てもらうことで、自分では気づけない改善点を見つけてもらうことができます。

 

しかし、ひとつ注意してほしいことがあります!!
それは”レッスンに通っていれば上手くなるわけではない“ということです。
講師の方の役割は”あなたの欠点や疑問点を指摘して、改善方法を教える“ことであって、レッスン外であなた自身が”指摘点を練習・改善“することで初めてレッスン効果が出るのです。
つまり、レッスン外でも練習することが重要になってきます

 



身近な経験者に教えてもらう

 

身近にあなたがやりたい楽器の経験者がいれば、直接教えてもらったり、アドヴァイスをもらうことをオススメします。

 

レッスン同様に、他人に見てもらうことで、自分では気づけない改善点を見つけてもらうことができます。
身近な経験者ならレッスンの講師よりも気兼ねなく指導してもらえるのが良い点です!

 

一つ注意は相手の実力によっては、間違ったことを教わってしまう場合もあるので、出来る限り内容が”理にかなっている”事かを自分でも判断する必要があります。
しかし、だからといって一回一回、直接本人に”この弾き方は本当に正しいの?”と食って掛かるのはやめましょう!!
教えてくれている相手の善意に感謝しましょう。

 

 

全てに共通して言えるのは…

 

すべてに共通して言えるのは目標を持つことです。
これは楽器以外のすべてのことに言えることです。

 

どんなミュージシャンのように演奏できるようになりたいのかしっかりイメージするんです。
例えば、ロック好きならレッドツェッペリンのジミー・ペイジみたいに弾きたい!とか、ジャズ好きならチャーリーパーカーみたいに吹きたい!、みたいに憧れの像を持つんです。

 

そうすれば、
目指すべき音やテクニックが自分でも明確に分かる上に、ネットで調べたり他人に質問する時も”○○の○○って曲のココみたいに弾きたいんだけどどうやればいいかな?”と具体的に聞くことができます

 

自分自身も、教える側も何を知りたいのか明確じゃない状態“だとせっかくの練習も徒労に終わってしまいます。
だから目標のアーティストをしっかりイメージして練習することはとってもとっても大事な事なんです。

 

 

ひとつ注意!おごりを捨てないといけない

 

今までいろんな人生経験を積まれてきたと思います。
しかし、それを前に押し出しすぎるのは避けましょう。

若かろうが、年をとっていようが変わらず、人間は自分の経験を語るのが大好きです。
それが自分の好きな事ならなおさらです!
しかし、少なからず初心者の間は以下のことが重要です。

 

  • 自分を客観視する
  • 初心者であることを忘れない
  • 知識をひけらかさない
  • 聞く姿勢が大事

 

新しいことを始めるにあたってあなたは楽器演奏者としては初心者になります。
あなたが今までいくらたくさんジャンルのたくさんの音楽を聞いていようと、スタート地点ではレッスン講師や他のセッション仲間の人よりは実力は下なのです。
そこで、あなたが”私は君より多くの音楽の知識があるんだぞ”とマウントをとるような態度をとってしまうと、せっかく練習方法や改善点などの有用な情報をくれる人もあなたに話しかける気が失せてしまいます。

 

なので、あなたがまだ初心者であることをしっかり理解して、必要以上にあなたの知識を自慢せず、年下であろうがしっかり周りの意見を受け止めてください!!

 

 

さいごに。何歳になろうと初心者は恥ずかしくない!!

 

以前、年を重ねて仕事を退職され、時間を持て余してる方に”新しく趣味を始めないんですか?”と聞いたことがあります。
するとその高齢者の方は”今さらはじめて、みっともない姿をさらすのは嫌だ“と言うのです。

 

気持ちは分かりますが、私はみっともないとは微塵も思いません
むしろ年齢を重ねてもなお新しいことにチャレンジしようとする姿勢にすごく憧れます。

高齢者の方が何か新しいことを始めたとして、
初心者であるあなたを見てを笑うような人は、高年齢者じゃなくても笑います。
その人が笑っている理由はあなたが高齢者で未熟だからではありません。
どんな年齢の人に対しても自分より下なら見下すような人なので、そんな人を気にする必要はありません。

 

自分をあざ笑う声なんて無視してください。
それよりも自分を応援してくれる人や上達を助けてくれようとする声にしっかり耳を傾ける必要があります。

 

年をとってから始めた趣味が大成した人だって世の中には多くいます。
もう一度言います。
年齢なんて関係ありません。何がしたいかが最も重要な事なんです。

 

それでは皆さん、
Vi ses! (ヴィセ―ス)

 



 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

What’s up, 皆さん。 最近携帯を買い替えたRTです。   つい1カ月前までiPhone 5sを使っており先日遂にXRに買い換えました。 契約プランをどうしようか考えた時にNETFL […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は私が大好きなバンド、ニルヴァーナのコアな名曲「ミルクイット(Milk It)」について解説していこうと思います。   お付き合いください! & […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです! … ふむふむふむ あいかわらずJames Cordenおもしろいなあ~   Selena Gomezも ジェットコースターで歌っちゃってお茶目 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は 厳選!!初心者・学生ベーシストあるある ということで、 私が思う 初心者・学生ベーシストが 日ごろ感じていること 今後体験するであろうこと を […]

  こんにちは!石ちゃんです。   今回は機材のレヴューです。   レヴューするのは私が使っている、Roland「Rubix22」というオーディオインターフェイスになりま […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回はバンドDMBQのハードナンバー「speed beat」についてのレビューです。   speed beatはバンドDMBQが2001年にリリース […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回はスマホアプリの紹介です。 紹介するアプリはジャズの伴奏アプリ「iReal Pro」です。   その使いやすさや練習のしやすさ、素晴らしいとしか […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   最近妙に地震が多いですね! ヤだなあ。こわいなあ。 と思って、きちんと地域のハザードマップを確認して非常時にむけてチョコレート(ストック)を補充しまし […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     皆さんの中には “コントラバスコンプレックス” を抱いている方はいませんか?   エレキベースしか弾け […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   いやあウルフ(Wolf)ことウルフギャング・ヴァン・ヘイレンの発言、じつに男前ですねえ!   今日ふいにLINEニュースでこの記事を読みまし […]