【Kiesel/Carvin】Kiesel Guitarsって知ってる?あなただけのギターが簡単に安く手に入る!!

Hej!(ヘイ)
マーヴィンです。

 

ギターをオーダーしてみたいけど、高そうだから無理だよなあ…
と思っているあなた!!

 

Kiesel Guitarsってご存じですか?

Kiesel Guitarsは高コストパフォーマンスでギターをオーダーできるアメリカのギターメーカーです。
つまりお手頃価格でオーダーができるってことです。

さらに、多弦ギターやヘッドレスギター、マルチスケールなど幅広いギターモデルを揃えておりカスタマイズ性がとても高いです。

私も実際にベースをオーダーしたことがあり、とても満足しています!

今回は

  • Kiesel Guitarsについて興味がある
  • ギターのセミオーダーができるメーカーを探している
  • コスパよく自分のオリジナルギターが欲しい
  • オリジナルの多弦ギター/多弦ベースが欲しい
  • ヘッドレスギター/ベースやマルチスケールギター/ベースを探している

という人に向けて説明していきます。

※ギターとベースを総称してギターと記述していきます。




 

Kiesel Guitarsって?

 

Kiesel Guitarsはアメリカ合衆国カリフォルニア州にあるギターメーカーです。

 

もしかしたら、Carvinという名前の方が聞き覚えがあるかもしれません。
Carvinは1946年創業の有名なギター・ギターアンプメーカーです。

 

Kiesel GuitarsはそのCarvinのギター製造部門のみを移設する形で2015年に設立されました。
つまり、実質70年以上の歴史を持つ老舗ギターメーカーなのです。
現在Kiesel Guitarsで製造されているギターにはKiesel GuitarsまたはCarvinのロゴが付与されます。

 

記事冒頭でお伝えした通りKiesel Guitarsのオーダーギターはコストパフォーマンスが高いです。
オーダー方法はセミオーダーで、ギターモデルを選んで、木材や色、パーツが自由にカスタマイズできます。
カスタマイズの幅がとても広く、あなただけのオリジナリティ溢れる1本を作ることができます。

 

 

 

デメリット・メリット

 

【デメリット】やりとりがすべて英語

当たり前ではありますが、オーダーのメールのやり取りはすべて英語です。

しかし、英語が苦手!というあなたも安心してください。
Kiesel Guitarsのスタッフは、あなたがギターをオーダーしたいあるいはギターについて質問したい、ってことは分かってます。
なので不完全な英文でも大体の意味を察してくれます。

 

さらに、最近のGoogle翻訳の精度はだいぶ上がってきているので、この翻訳機能を使えば英文を作るのも、向こうからのメールを読むのも捗ります。

英語を使う“と思ってオーダーを躊躇してしまう人もいるかと思いますが、Googleが勝手に翻訳してくれればあとは日本語のメールと変わりありませんね。
※ただし、Google翻訳の機能が高くなったと言えどまだ完ぺきではないことはご理解を。

 

【メリット】高コスパとカスタマイズの豊富さ

 

Kiesel Guitarsのオーダーギターはコストパフォーマンスが高いです。

 

セミオーダーと言えど、オーダーって高額なイメージがありますよね。
他のメーカーでオーダーする場合、40万、50万なんてザラです。

しかし、Kiesel Guitarsなら20万に収まる程度にオーダーすることが可能です!!

 

基本のギターモデルが12万円程度なので、贅沢なカスタマイズをしなければ16万程度でオーダーなんてことも出来てしまいます。

 

また、実際にKiesel Guitarsのホームページでカスタマイズのシミュレーションをしていただいたら分かりますが、カスタマイズの幅がかなり豊富です。

ギターモデル、木材、ピックアップ、塗装…などなど、そこにはあなたの創造意欲をかき立ててれる自由度があります。

また、既存の色や仕様以外でも直接メールで問い合わせたら引き受けてくれる場合もあります。

 

 

金額と時間はどれくらい?

 

金額

 

オーダー料金は贅沢しない限り20万に収まります。

私が5弦ベースJB5をオーダーした時は輸送料込みで18万円程度でした。
たしか当時1ドル=115円くらいだった気がします。
これがその領収書です!!

 

ただし、もちろんふんだんに高い木材やカスタムを選択した場合はそれなりに高くなることはお忘れなく。

 

 

時間

 

基本的にオーダー完了後2、3カ月でギターが完成し、発送されます。
ただ私の場合は、たまたま同じ仕様のパーツがあったのかオーダー完了後1か月で発送されました。

そのあとアメリカから日本まで来て、皆さんの家に届くのにさらに1、2週間ほど見積もっておいてください。

 

最後に

 

私は初めての5弦ベースを買いたい、そして1度は自分だけのベースを持ってみたい、と思ってKiesel Guitarsでオーダーしました。

その結果、満足のいくベースを手に入れることができました。

やはり自分だけの楽器っていいもんですね。

それでは、
Vi ses! (ヴィセ―ス)

 

P.S.

 

Kiesel Guitarsに関するまとめ記事もあります。
今後も有用な情報を見つけ次第更新していきますね!

関連記事

このまとめ記事は Kiesel Guitarsがどんなメーカーか気になる!! Kiesel Guitarsでギター・ベースをオーダーしたい!! 安くて使えるギター・ベースをオーダーしたい!! ユニークなオリジナル[…]




 
 
 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

こんにちは!石ちゃんです。   今回はスマホアプリの紹介です。 紹介するアプリはジャズの伴奏アプリ「iReal Pro」です。   その使いやすさや練習のしやすさ、素晴らしいとしか […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   そろそろ本格的に寒くなってきましたね。 最近はアイスのお供にあったかい紅茶が必須です! ラムレーズンアイスと紅茶の相性はバツグンですよ!   […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   前回 Davie504が制作したベースラインまとめ動画 100 Amazing Bass Lines を紹介しました!! が!! なんと!! Davi […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは映画『Top Gun』を知っていますか? 知らないやつがいるのか!とツッコミを食らいそうな質問ですが、今年の夏に『Top Gun』の続編 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんギター/ベースの装飾加工の1つ レリック(Relic)加工 ってご存じですか?   メーカーによっては エイジド(Aged)加工 ヴィ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんはこの年末いかがお過ごしでしょうか? クリスマスも終わり、今年も残るイベントは大晦日だけとなりましたね。   そんな年末さしかかり先日 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     今回は前回のつづき、 FENDER CUSTOM SHOP(CS) EXPERIENCE トークショー編です!   トークショ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   いやあウルフ(Wolf)ことウルフギャング・ヴァン・ヘイレンの発言、じつに男前ですねえ!   今日ふいにLINEニュースでこの記事を読みまし […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回の記事では東京事変の名曲「OSCA」についてお話ししていきます。   何度聴いても新しい発見のあるこの名曲・・・なぜここまで魅力的なのか? その […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は以前紹介したKiesel Guitarsのギターオーダー方法を、要点だけまとめてさらに簡単に説明していきます。   Kiesel Gu […]