【Marcus Miller】世界が目指す名スラップベーシスト!NYCサウンドの原点はココに!!日本公演へ心せよ!!

Hej!(ヘイ)
マーヴィンです。

 

 

今回も皆さんが大好きなスラップの話です!

スラップ好きなら必ず1度は聴いたことがあるでしょう!!

一度聴くだけで記憶に残る
コシがありパワフルな
あの孤高のスラップ音!!!

 

そう
今回紹介するベーシストは

 

Marcus Miller(マーカス・ミラー)

 

です!!

 

スラップ好きなのに
Marcusを知らないってあなた…
それはマズイですよ!!

 

今も日本含めて
世界中のベーシストが彼の背中を追って
スラップの習得に励んでいます。

 

是非この記事で
彼の演奏を見てみてください!!

 

世界が変わりますよ。

 

今回も
各動画の紹介と一緒に
簡単に解説を入れていきます。

 

では、
ごゆっくりお楽しみください。

 

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さん お待たせしました!!   前回に引き続き 今回はVictor Wooten(ヴィクター・ウッテン)のテクニックに迫っていきます!! [s[…]

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   スラップと言えば? と聞けば間違いなく多くの人が Marcus Millerか彼の名前をあげるでしょう。   今回紹介するのは、 Red Hot C[…]

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです! ... ふむふむふむ やっぱりJames Cordenおもしろいなあ~ Ed Sheeranも 口いっぱいに麦チョコ頬張ったりなんかしちゃってえ~   [capt[…]

 

オススメ演奏と解説

 

今回
私はMarcusの超定番代表曲
Run for cover
Power
には触れません!

あの曲は私が勧めなくても
自然に聴くことになるでしょう。

 

では、
まず1曲目はこちら!

 

1. What is hip?

 

 

まずは皆さんの大好物を与えておきます。

 

ほれっ
お前さんの大好きなスラップだぞお!!

 

と冗談はさておき、
この動画
タイトルにはHard Slappingと書いてありますが、
明らかにTower of PowerWhat is hip?です。

(What is hip?もとい
Tower of PowerのベーシストFrancis Rocco Prestia
16分刻みのファンクベースラインで定評があります。
気が向いた方は是非)

原曲では指弾きで弾かれるベースラインを
サムダウン(親指下ろして弦を叩く)
サムアップ(親指で弦を引っ掛ける)
を駆使して
Marcusらしい演奏になっています。

 

(私は”速いは正義”派ではありませんが)
この速さで音色、グルーヴをキープしているのは
流石としか言いようがありません…

 

惚れてまうやろ…

 

 

2. Snakes

 

これは
スイスのモントルー(Montreux)でのライブ映像です。

 

グループメンバーは
なんと!!

  • Eric Clapton|Guitar
  • Marcus Miller|Bass
  • David Sanborn|Sax
  • Joe Sample|Piano
  • Steve Gadd|Drums

と超超超豪華なメンツが揃っています!!
まさにLegendsです!!

 

メンバーの1人のDavid Sanborn
Marcusを語る上では欠かすことのできない人物です。

しかし、
今回はMarcusの話なのでメンバーについては控えます。
ウズウズ…

(あと、Eric Claptonは要らないなんて言わせません!!!)

 

肝心なプレイについてですが、
皆さん気づきましたか?

Marcusがバッキングを弾いている時
ソロを弾いている時
何か違いますよね?

 

そう

バッキング時は徹底して指弾き
しかもフレーズも結構シンプルです。

 

それに反してソロになると
バリバリスラップをしています。

 

なんでだと思いますか?

 

それは曲に合ってるからです!
凄い当たり前のことですが、
すごい大事な事なんです。

 

世間はMarcusにスラップを求めますが、
今ではないのです。

自分の個性を出すのは
自分が主役の時だけ。

Marcusほどの大御所でも
他のプレイヤーがソロの時は
それを支え、
音楽を成立させようと土台になっているんです。

 

ソロとバッキングで
ハッキリとプレイスタイルを切り替えているのが印象的だったので
紹介しました!!

※Marcusがこの曲でしか指弾きをしないって話ではないですよ

 

 

3. Blast

 

 

この曲
すごくアラブ感ありません?

Marcusはこのように
他の国の音楽要素
積極的に取り入れて楽曲づくりをします。

 

あと、
サックスの彼
すごく綺麗な目をしてると思いませんか?
(すみません、本題からズレました…)

 

 

4. I’ll be there

 

 

これは
Jacson 5I’ll be thereという曲を独奏しています。
いわゆるソロベースってやつですね。

(I’ll be thereはMicheal Jacksonの美しくノスタルジックな歌声に加えて
James jamersonの特徴的なベースラインでも有名な曲ですね。
すっごく大好きな曲の一つです!)

 

Marcusは
Loopステーションやタッピングは(ほとんど)使わずに、
開放弦や右手のストレッチによるコードを組み合わせています

装飾として
ピッキングハーモニクススラップを織り交ぜて
曲に緩急をつけていますね。

 

あと、
指弾きしている時の右手をよく見てください。

ピックアップフェンスの
前を弾いたり
後ろを弾いたりと
右手で指弾きする位置をコロコロ変えているのが分かりますか?

これは
弾く場所によって音色が変わるからです。

ネック寄りに行くほど柔らかい音
ブリッジ寄りに行くほど硬い音に近づきます。

 

曲の雰囲気にに合わせて
様々な方法で歌わせ方を変えているんですね。

 

 

5. Scoop

 

 

最後にこの演奏をどうぞ。

私の大好きなギタリストDean Brownが気持ちよく暴れています。
(特に00:40~00:53にかけての
空間エフェクターによる演出が素晴らしい…!!)

 

イントロやテーマの
安定したスラッププルによるダブルストップ(和音)、
そして歌わせ方がとても気持ちいい曲です。

 

さらに、
この演奏
各プレイヤーの巧みなソロの後に
エンディングへ向かい壮絶な掛け合いが始まります

掛け合いを重ねていくにつれて
お互いがお互いの気持ちを上げていき
会場も一体となって興奮に包まれます!!!

 

是非皆様も
画面の前でこの興奮を一緒に感じてください!!

 

(あと、
03:30からのソロフレーズめちゃくちゃカッコいいです!!)

 

 

お楽しみいただけましたか?

 

本当はまだまだ紹介したい名演があるんですが、
今回はここまでにしておきます!!

(あくまで導入編ってことで
また改めて紹介したいな)

 

また、
度々日本にも来ているので
目の前で最高峰のスラップに触れてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を通して
Marcus Millerを単にスラップが凄い人
ではなく、
彼のフレーズ曲の歌わせ方なんかにも
注目してくれたら
また更にMarcusに近づけるでしょう!!

 

それでは、
Vi ses! (ヴィセ―ス)

(また偉そうなこと言ってしまった…)

 

 

実はベースだけじゃないんです…

 

ここまで見ていただきありがとうございます。

最後にちょっとしたオマケです。

 

皆さん
知ってましたか?

 

ベーシストじゃなくても知っているほど
名ベーシストMarcusですが、
実はベース以外の楽器でもかなりのテクニックを持っているんです!!

ギターやドラムなど様々な楽器を熟せるのですが、
中でもバスクラリネットの腕前はかなりのものです!!

 

ライブでもよく演奏します。
サブ楽器でこのレベルか…

(拍手)

 

 

 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

What’s up, 皆さん、RTです。 夏の暑さが徐々に終わって秋の涼しさに変わってきましたね。 併せて日の時間も短くなって来ている感じもします。 そんな中、国内ではラグビーとバレーボールのワールド […]

What’s up, 皆さん。   最近英語の勉強を再開したRTです。   皆さんは何か作業をする時にどんな曲を聴いていますか?   私はよく洋楽を聴いていますが、邦楽が […]

  Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     さっそくですが、 皆さんはCDを買いますか?     最近は ダウンロードやストリーミングで音楽を聴け […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは”スパイダーマンがMCUに残留&新作製作決定したニュース“をご存知ですか?   2019年8月にディズ […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回の記事ではわたしが所有する「フェンダーカスタムショップ製のストラト」の紹介と このギターの良さ、素晴らしさをお伝えしていきます。   フェンダー […]

どうも、石ちゃんです。 今回の記事ではわたしの愛機フェンダーカスタムショップストラトキャスターとの出会いをご紹介します。 ではどうぞ!     目次 1 ストラトを探して2 残り物 […]

What’s up, 皆さん。 10月に入って消費税10%の重みを早々に感じているRTです。 最近よく男闘呼組の曲を聴いていて、先日彼らが出演したドラマや映画も見ました。 そこで今回は そもそも見よう […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんはこの年末いかがお過ごしでしょうか? クリスマスも終わり、今年も残るイベントは大晦日だけとなりましたね。   そんな年末さしかかり先日 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は FunkやR&Bでは欠かせないベーシストの一人   Louis Johnson(ルイス・ジョンソン)   を紹介し […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は私が大好きなバンド、ニルヴァーナのコアな名曲「ミルクイット(Milk It)」について解説していこうと思います。   お付き合いください! & […]