【Rubix22】ノイズレスで気持ちのいいオーディオインターフェイス!!大満足なシンプルデザインと使いやすさについて紹介!【Roland】

 

こんにちは!石ちゃんです。

 

今回は機材のレヴューです。

 

レヴューするのは私が使っている、Roland「Rubix22」というオーディオインターフェイスになります。

 

では行ってみようー!

 

 

 

愛用インターフェイス”Rubix 22″

 

 

 

上記しましたが、私が使用しているのはRolandの「Rubix22」となっています。

 

DTMを始めた時対応してくれた店員さんに勧められて購入しました。

 

当時はわりと新しめで「最新」と謳われていた商品だったと記憶しています。

 

 

構造

 

 

 

 

インプット端子は2つですが、私はLINE6などのシールドを駆使して簡潔にまとめています。
音量の調整も細かくコントロールでき、楽器ごとの微調整も手軽にできます。

 

接続端子

INPUT(1L、2R)端子:XLRタイプ(バランス、ファンタム電源DC 48V、6mA Max. )
INPUT(1L、2R)端子:TRS標準タイプ(バランス)
PHONES端子:ステレオ標準タイプ
OUTPUT(1L、2R)端子:TRS標準タイプ(インピーダンス・バランス)
MIDI(IN、OUT)端子
USB端子:USB Bタイプ
DC 5V端子:USBマイクロBタイプ

 

コントローラ

SENS 1L、2Rつまみ
Hi-Zスイッチ
48Vスイッチ
OUTPUTつまみ
PHONESつまみ
POWER SOURCEスイッチ
DIRECT MONITORスイッチ
GROUND LIFTスイッチ

 

 

使いやすさ

 

シンプルなインターフェイスなので使い勝手は簡単でおそろしく使いやすいです。

 

ツマミも表示が分かりやすく表示されているし、
音量、出力の調整はダイレクトに操作できて楽器の音を細かく作ることができます。

 

(とてもよくできています。)

 

 

音の立ち上がり

 

繋いだ楽器の音もいいです。
本当のアンプに繋いでような、気持ちの良い音を提供してくれます。

 

よくMTRで録音していた頃はギターベースの音がもたったりザラついたりしていましたが、
このオーディオインターフェイスは違います。

 

自分の出したい素直な音」を気持ちよく出してくれるのです。

 

 

大きさ、見た目

 

大きさはかなりコンパクトです。
軽い辞書くらいの大きさなので机の上においても邪魔になりません。

 

見た目も可愛いです。
黒のメタリックの仕様なので、いかにも「やってますよー!」という雰囲気なのに、
小さくてコンパクトというギャップにニヤニヤしてしまいます。

 

キュートなやつです。

 

 

私の使い方

 

ここで私の使い方の紹介です。

 

基本、私はインターフェイスに繋ぐ前に

 

回線をルーパー「BOSS RC505」にまとめています。

 

そのまとめた回線をインターフェイスに繋いで宅録しています。

 

ループさせたい楽器もその都度繋いで音をまとめています。

 

関連記事

  こんにちは、石ちゃんです。   今回は機材レヴューです。 ご紹介するのはルーパー(ループステーション)です。その名も「BOSS RC505」です。 私なりの使い方から、その利便性、使用方法も[…]

 

 

 

音の劣化

 

このように、ルーパーを噛ませているのにかかわらず、音は劣化しません。

 

これはオーディオインターフェイスの質が良い為
だと私は勝手に解釈しています。

 

まとめあげるイニシアチブがすごいのですね。

 

 

総合的感想

 

 

「とても助かっている」これがこのオーディオインターフェイスに対する評価、というより「感謝」に近いものかもしれないです。

 

こんな簡易的な操作で楽しく、充実した録音環境を提供してくれるのですよ、「Rubix22」という機材は。

 

端子はギターだけでなく、マイクも簡単に繋げられるので、
バッキングをとってから歌を撮るのも2つの端子を使えばバランス良く録音ができます。

 

エフェクターの効きも良い!
インターフェイスを使う際、
私はマルチエフェクターの「GTー1」を使っているのですが歪みも空間も綺麗に音を作り出してくれます。
押しすぎず、引きすぎないバランスがとれた音は宅録プレイヤーの大き味方になってくれるはずです。

 

 

 

その他の魅力

 

この「rubix22」で私は音楽も聴きます。

 

アップルミュージックでの出音をインターフェイスに繋いでヘッドフォンで聴くと

 

素晴らしく音がいい!

 

柔らかく包み込まれるようにクラシックを聴けるし、
ノリのいいテクノ、速いパンクも魅力的です。

 

至れり尽くせりですね。

 

 

まとめ

 

と、Rubix22についての感想、使用法でしたが
いかがだったでしょうか?

 

小さいオーディオインターフェイスですが、力は無限にあると思われます。

 

宅録するプレイヤーならこのオーディオインターフェイスはかなりオススメできます。

 

それに金属なのでとても丈夫な気がします。
ちょっとの衝撃も大丈夫、多分。

 

見事な統率力を持つこのオーディオインターフェイス。
皆さんも使ってみてはいかが?

 

 

おまけ

 

もしこのRolandのRubix22を使いたいなら、
なるべくミドルがきいたスピーカーがオススメです。

 

スピーカーを用意しておけば、パソコンの音源と合わせることも容易です。
その音を出すのに偏りのないスピーカーが必要です。

 

練習の際、自分の音と音源のミュージシャンの演奏のミックス具合も考えてみると面白いです。
そこでも偏りのない出力だと自分の音も音源の音もフラットに聴ける為練習にはもってこいです。

 

ここまでRoland「Rubix22」の紹介でした。
なんだかんだいて結局は自分が気に入った機材を買うのが一番です。

 

皆さんに良い出会いがありますように!

 

では

 

 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   スラップ大好きな ベーシスト、ギタリスト、その他楽器の諸君!!   もちろん 誰がスラップを発明したか知ってますよね?   え!? […]

  こんにちは!石ちゃんです。   今回は私が敬愛してやまないブランキージェットシティーの最後のオリジナルアルバム 「Harlem Jets(ハーレムジェッツ)」についてレビューし […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は世界のトップギタリスト、ジェフ・ベック(Jeff Beck)のオリジナルアルバム「Jeff」についてお話ししていきます。   ジェフ・ベックの […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回紹介するのは The Beatlesの必聴ベースラインです!!   言わずとも知れていますが、 The Beatlesのボトムを支えてい […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんはバンドやアーティストのライブに行くことはありますか? 私は前職が土日勤務だったのでなかなか行けなかったのですが、アメリカ留学時に人生で初 […]

What’s up, 皆さん、RTです。   この間職場からの帰りで運転をしている時に、聴いていたラジオから懐かしいというか「おっ!」と思う曲が流れてきました。 それがジョン・デンバーの“L […]

What’s up, 皆さん、『ボヘミアン・ラプソディ』熱が治まらないRTです。   映画のタイトルにもなっていて、クイーンの曲の中でも“We Will Rock You”や“We Are […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   先日KieselGuitarsのギターラインナップを紹介させていただきました。 トラディショナルなデザインからユニークなオリジナルシェイプまで様々なギ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   皆さんはきちんと趣味を楽しんでますか?   趣味ってすごいですよ!! 例えば気分をリフレッシュしてくれたり、上達することが自分の自信につなが […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は あのMetalicaのベーシスト   Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)   を紹介します!!! & […]