【Teo Torriatte】日本LOVEなクイーン!メンバーが感じた日本の美しさと絆

What’s up, 皆さん、RTです。

 

東京の様に時代の最先端を取り入れた都市だけでなく、京都や奈良といった古の雰囲気を残す都市もある日本。
そんな美しい国に心躍るのは日本人だけではなく外国人も同じです。
海外から来日するアーティストも日本公演だけでなく観光も目当てとかなんとか笑

 

特に日本が大好きアーティストとして有名なのがクイーンです。
今回はクイーンと日本の繋がりについてご紹介します!

関連記事

What’s up, 皆さん、『ボヘミアン・ラプソディ』熱が治まらないRTです。   映画のタイトルにもなっていて、クイーンの曲の中でも“We Will Rock You”や“We Are the Champions”[…]

 

世界的に無名バンドでありながら熱烈な歓迎

出典:勇気凛々

 

クイーンが初来日したのは1975年。
母国のイギリスでは音楽が古いといった酷評を受け、海外ではまだまだ無名バンドでした。
しかし、来日で羽田空港に降り立つやいなや2000人のファンによる熱烈な歓迎を受けます。
その様子にクイーンのメンバーであるロジャー・テイラーはNHKのインタビューで次のように語っています。

 

「日本に来た時、急に人気が出たんだ。それで戻ったイギリスでも人気が出ていた。日本が世界で最初にクイーンを愛してくれた。僕らは羽田を初めて訪れた時の事を決して忘れない。本当にすごくて、まるで夢のようなツアーだったよ。

“When we went to Japan, and we were suddenly up here. And then we went back to Britain and we were up there too. But Japan was the first to really love Queen and go crazy for the band. We never forget that, the first time arriving at Haneda in Tokyo, it was incredible. The whole tour was like a dream. ”

引用:NHK WORLD-JAPAN

 

 

日本がクイーンに熱狂になった切っ掛けを作ったのは音楽雑誌の『ミュージック・ライフ』でした。
クイーンの事を写真付きで毎月特集し、それを読んだファンがクイーンを目の前で見たくて羽田空港に駆け付けたそうです。
日本武道館での初来日ライブを行う傍ら、クイーンのメンバーは日本や文化を満喫。
人生初のけん玉や日本庭園でのお茶を楽しみました。

 

プライベートでも来日したフレディ・マーキュリー

出典:あしかがブルーベリー感動農園

 

日本で特別な歓迎を受けたクイーン。
その事はメンバーの中にも大切な思い出として残りました。
中にはプライベートで日本に来たメンバーもいます。
その中でも特に有名なのがフレディ・マーキュリーです。
フレディは特に日本の古い壺や皿に興味を持ってコレクションしたり、栃木県足利市の栗田美術館にも足を運んだりしました
また、同性愛者でもあったフレディは、新宿二丁目のゲイバーにも来日の度に顔を出していて日本を満喫していたそうです。

 

 

“Teo Torriatte (Let Us Cling Together)”に込めた日本への想い

出典:EXPRESS

 

クイーンと日本を語る上で欠かせないのが、日本語の歌詞が入った“Teo Torriatte (Let Us Cling Together)”です。
この曲の歌詞はフレディがすぐに思い付き、それを担当の通訳鯨岡ちかさんに日本語訳させたそうです。

 

 

この曲についてブライアン・メイは次のように話しています。

 

僕は日本の皆さんの考え方が好きだ。尊敬が込められていて、その考え方に惹かれた。だから僕たちクイーンが日本に感じる絆を表す曲を作りたいと強く思った。その曲が僕たちと日本を1つにしてくれる。」

“I like the way Japanese people think. You know, I like the idea of respect. I had this desire to make a song which would express the bond that we felt with Japan. You know the thing that held us together.”

引用:https://realize-fp.net/wp/?p=165

 

 

日本のファンに向けて作られた“Teo Torriatte (Let Us Cling Together)”。
2011年の3月に起きた東日本大震災の際もチャリティーアルバムにも収録された曲です。
その時のことについてブライアンは下記のように話しています。

 

「身近な事のように感じた。責任とも呼べる感情だ。

“We feel close. We feel a kind of responsibility, I think.”

引用:NHK WORLD-JAPAN

 

クイーンメンバーがどれだけ日本を愛してくれているのか、日本のファンがどれだけクイーンを愛しているのかが伝わります。

 

 

 

世代を継いで日本で続くクイーン愛

出典:Otohako

 

クイーンがデビューした当時のファンは既に子供や孫がいる世代になりました。
そして『ボヘミアン・ラプソディ』の公開でまた新しい世代がクイーンを知り、愛するようになりました。
これからも続くクイーンへの愛情。
皆さんもぜひクイーンの曲を聴きまくって次の来日ライブに行きましょう!

 

それではHave a nice day!

 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   寒くなってきましたね。 私はついに風邪をひきました。 コンビニで新作アイスを見つけて喜んでる場合じゃなかったなあ。   さて、今回は楽曲紹介 […]

こんにちは!石ちゃんです!   今回は私が大好きなギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)のオススメアルバムを3つ紹介します。   是非最後までお付き合い下さい […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   スラップ大好きな ベーシスト、ギタリスト、その他楽器の諸君!!   もちろん 誰がスラップを発明したか知ってますよね?   え!? […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は私が大好きなバンド、ニルヴァーナのコアな名曲「ミルクイット(Milk It)」について解説していこうと思います。   お付き合いください! & […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   音楽をやっている中でレッスン講師をしている方々と会う機会が度々あります。 私の場合はベース講師、ギター講師、ピアノ講師の方が多いですね。   […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は世界のトップギタリスト、ジェフ・ベック(Jeff Beck)のオリジナルアルバム「Jeff」についてお話ししていきます。   ジェフ・ベックの […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   いやあウルフ(Wolf)ことウルフギャング・ヴァン・ヘイレンの発言、じつに男前ですねえ!   今日ふいにLINEニュースでこの記事を読みまし […]

What’s up, 皆さん、RTです。   突然ですが、映画で使われた曲って結構耳に残りませんか。 歌詞は覚えていなくてもメロディーは結構覚えているかもしれません。   『タイタ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   ついにコンビニが肉まんやおでんをプッシュする季節になりましたね。     最近アメリカの超人気メタルバンドのAnimals As […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは”スパイダーマンがMCUに残留&新作製作決定したニュース“をご存知ですか?   2019年8月にディズ […]