【Victor Wooten】世界一の人揺らしVictor Wooten!!あなたはノらずにいられるかな?【Isn’t She Lovely】

Hej!(ヘイ)
マーヴィンです。

 

皆さん
お待たせしました!!

 

前回に引き続き
今回はVictor Wooten(ヴィクター・ウッテン)のテクニックに迫っていきます!!

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回はベーシスト紹介シリーズ第1回目として、 どうしてもこの人を紹介したかったんです。   そう Victor Wooten(ヴィクター・ウッテン[…]

百聞は一見に如かず
というように
早いこと皆さんに
Victor Wootenの演奏を見てもらいましょう!!

 

各動画の紹介と一緒に
簡単にテクニックの解説を入れておきます。

 

Victorの演奏をコピーしたい!!
って方は
是非Youtubeのプレイヤー画面右下
設定ボタンから再生速度を変更してみてください!
設定>再生速度>(好みの倍率を選択)

Youtubeプレイヤー右下に設定ボタン
Youtubeプレイヤー右下の設定ボタン

 

設定ボタン>再生速度
設定ボタン>再生速度

 

再生速度を変更
再生速度を変更

 

それでは、
皆さん!!
見ていきましょう!!!

 

 

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです! ... ふむふむふむ やっぱりJames Cordenおもしろいなあ~ Ed Sheeranも 口いっぱいに麦チョコ頬張ったりなんかしちゃってえ~   [capt[…]

 

 

オススメ演奏と解説

 

今回、5つのオススメ演奏動画を紹介します!!
では、
お楽しみください!!

 

1.Isn’t She Lovely

 

 

まずは定番のこの動画!
Stevie WonderIsn’t She Lovelyを独奏しています。

VictorはよくLoopステーションを使用して
リアルタイムで録音・再生を繰り返して
音を重ねて演奏します。

この動画では01:40あたりまで
音を重ね続けてバッキングを作っています

バッキングは以下の通り。

  • コード|高音での和音
  • ベースライン
  • パーカッション|弦を叩く(ゴーストノート)
  • ハモリ

もちろんVictorが持っているベース1本だけでです。

 

そして、
01:52から先ほど作ったバッキングに乗せて
メロディーを弾き始めます
Jazzでいうテーマですね。

 

さらに
02:22からVictorのソロが始まります!!
(まあ元からソロ(一人)なんですけどねっ)

 

03:07から
またベースラインとコードを録り直しています。
曲の雰囲気を変えるためです。

この時のベースライン
さっきよりもプクッとした音だと思いませんか?
ウッディというか
とてもふくよかで温かみのある音がしますね。

これはミュートによって出る音です。

この時Victorは
右手の側面をブリッジ付近の弦に乗せて
親指と人差し指で弾いています。
(ギターでいうブリッジミュートですね。)

 

03:47からもさらにソロが続きます!!
(元からソロだけどね!!!)

 

04:35~04:46なんて突然タッピング入れちゃったりしてね!!

 

最後に06:40
はじめ録音してあったバッキングに切り替えて
明るい雰囲気に戻ってエンディングになります。

 

この動画は今まで何度も見てるんですけど、
見るたびに毎回無性に外に歩き出したくなるんですよね!!
ちょっと小気味よくステップ踏んだりなんかして。
雨の日だって外に出たくなる曲です!

 

▼Victorは廃版になって貴重なBOSS RC-300(Loop Station)を使用しています。▼

 

2.Norwegian Wood

 

 

ここで弾かれている曲は
The BeatlesNorwegian Woodです。
(Norwegian Woodは
村上春樹原作、松山ケンイチ主演『ノルウェーの森』の主題歌にもなりましたね。)

この演奏で
Victorは両手でタッピングをして
メロディとバッキングを同時に弾いています。

さぞ高速タッピングに目が釘付けになってしまうことでしょう!!

 

しかし、
今回注目してほしいのは
00:35~00:49あたり
右手で高音弦(1弦、2弦)でメロディとその4度低い音で和音を弾いて、
左手ではベースラインを弾いています。

出来る限り高い音と低い音を使うことによって
演奏に重厚感を出しているのです!!!

 

ベース1本でここまで厚みのある演奏が出来るんだよ!!
皆さんもベース弾きたくなってきたでしょ!!

 

 

3.Sex in a Pan

 

この曲は
Bela Fleck & The Flecktonesという
Victor Wootenのバンドの曲です。
(この動画のバンドはBela Fleck & The Flecktonesではありません。)

私はこの動画を初めて聞いた時
Victorとバンドメンバーが生み出すグルーヴ感に鳥肌が立ちまくりました

 

この曲のキラーフレーズは
もちろんVictorのベースライン!!

  • ミュートによるベースライン
  • ゴーストノート
  • ハーモニクス

この3つが絶妙に織り込まれています。

 

さあ
あなたはこの曲を聴いて
首を振らずにいられますか?

 

4.Pretty Little Lady Groove

 

 

この曲は超個人的に私が好きな曲です!!

皆さんが大好きなスラップがいっぱいですよおお!

 

一言にスラップと言っても、

  • サムダウン|親指を下ろして弦を叩く
  • サムアップ|親指を上げて弦を引っ掛ける
  • プル|人差し指や中指で弦を引っ張る

の3つの奏法を使い熟しています。

 

スラップで定評のある
Flea(Red Hot Chili Peppers)
Marcus Millerのスラップをイメージしていた人は
少し驚くかもしれませんね。

 

彼らのスラップとはリズムの刻み方が違って
とてもファンク感が強いです。

 

さらに、
04:10から始まる
Regi Wootenとの掛け合いもカッコいいですね。

(02:21のRegiのPurple Hazeフレーズもお気に入りの1つです!)

 

関連記事

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   スラップと言えば? と聞けば間違いなく多くの人が Marcus Millerか彼の名前をあげるでしょう。   今回紹介するのは、 Red Hot C[…]

 

 

5.I Want You Back

 

今回最後は
Jacson 5のI Want You Backを
Wooten兄弟で演奏した動画です。

この動画にはただ一言だけ…

こんなに生き生きと歌うベース見たことありますか?

 

 

どうでしたか?

 

さあ皆さん!!
このあたり(胸あたり)が熱くなってきたでしょう!!

紹介してる私も書きながら鼻息が荒くなっています!!
フッフッフッフッ
(ほんとに!!)

プロの方たちでは当たり前なのかもしれませんが、
中でもVictorの音楽は
聴いてる人の体を揺らして止まないんです!!!

 

私も観客が自然と楽しく体を揺らしてくれる
そんな演奏ができるように頑張るぞ!!

 

では、Vi ses! (ヴィセ―ス)

 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

  こんにちは、石ちゃんです。   今回は機材レヴューです。 ご紹介するのはルーパー(ループステーション)です。その名も「BOSS RC505」です。 私なりの使い方から、その利便 […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回はスマホアプリの紹介です。 紹介するアプリはジャズの伴奏アプリ「iReal Pro」です。   その使いやすさや練習のしやすさ、素晴らしいとしか […]

みなさん! 私です。 マーヴィンです。 さて、ベーシストの皆さん!ベースを始めたいと思ってる皆さん! さらに、今はまだまったくベースに興味がないって皆さんも!! 私ずっと言いたかったことがあるんです。 […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     皆さん ギター/ベースのヘッドシェイプ(ヘッドの形)って気にしていますか?   これは機能性というより ほとんど見た目の話なん […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回はKiesel Guitarsのギターオーダー方法を説明していきます。   Kiesel Guitarsは高コストパフォーマンスでギター […]

What’s up, 皆さん。 最近携帯を買い替えたRTです。   つい1カ月前までiPhone 5sを使っており先日遂にXRに買い換えました。 契約プランをどうしようか考えた時にNETFL […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   今回は あのMetalicaのベーシスト   Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)   を紹介します!!! & […]

What’s up, 皆さん。 RTです。 皆さんにとって音楽を聴いていて 「このバンドいい!」 と感じる決め手は何でしょうか。 ギターが弾かれる音、ピアノによる旋律などなど。 細かい所まで行くとメロ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   そろそろ本格的に寒くなってきましたね。 最近はアイスのお供にあったかい紅茶が必須です! ラムレーズンアイスと紅茶の相性はバツグンですよ!   […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回の記事では東京事変の名曲「OSCA」についてお話ししていきます。   何度聴いても新しい発見のあるこの名曲・・・なぜここまで魅力的なのか? その […]