中学・高校の英語ってホントに役立つの?ジョニー・デップと話すまでペラペラになれた私の実体験!

What’s up, 皆さん、RTです。

 

最近、仕事で英語を使う機会が以前よりも増えて、中高生の子供たちから「今やってる英語って役に立つの?」とよく聞かれます。

 

まず結論から言うと、役に立ちます!
その理由はこれから日本の国際化が進む中で、海外との関りが様々な分野の仕事で身近になってくるからです。
その中で英語が出来るか否かで生活の充実度が大きく変わります。

今回は私の経験を踏まえて中高等学校の英語が役に立つ理由や英語を喋れるようになったプロセスをお伝えしていきたいと思います。

 

関連記事

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは何かを勉強する時、どの様に勉強していますか? 私なんかは英語を仕事で使っている為、英語の勉強が欠かせない状況です。   ▼私のバックグラウン[…]

 

 

【英語の基礎をしっかりとやる中高等学校】

出典:School-pot

 

中高の英語が役に立つのかという疑問がそもそも何故生まれるのか?
皆さんは疑問に思ったことはありませんか?

 

恐らくその疑問の要因は実際に英語を使う場所がなかったからだと思います。
数学で難しい計算方法を学んでもどこで使うんだ?という疑問を抱くのと同じです。
日常的に使わなければ必要性は確かにほとんど感じられないでしょう。

 

その事もあり、最近では授業全てがオール英語の学校も増えて学生が英語を使う機会が増えてきました。
来年度からは小学校5年生から英語が必修科目になり、中学校の英語の授業は全て英語で行われるカリキュラムが敷かれるようになります。

 

しかし私が英語を学び始めた頃はそういった機会はなく、中学校でALTと話す事で唯一英語を使うだけでした。

 

ただ、その英語を話す環境がないという理由だけで中高の英語が全く役に立たないとは言えません。
日本の英語教育で良い所は文法を徹底的に学ぶ点です。
外国語を書くにせよ話すにせよ、文法を理解していなければ伝いたい内容が正確に伝わらない事があります。
知っている単語を並べて話せば相手に通じなくもないですが、仕事で話すとなるとそうも行きません。

 

中高の英語は、文法を授業でとことん学び、隙間にそれを使って話してみようというスタイルになっていました。
その為、しっかりと学べば中高の6年間で基本的な英語の文法をマスターし、話せなくとも理解できる段階へと持っていく事が出来ます。
従って英語のテストの点数は良いけれど話せない学生が多い、というよく聞く問題が生まれます。

 

 

 

【英語を話せるようになるには実戦】

出典:Biz-Start

 

英語は理解できるけれど、話せないという問題を解消する為にはどうしたら良いか。
中高の英語で文法をマスターしたところで、どう使うのか。

 

私の場合は大学でとにかく英語圏の友達や外国人講師と話すようにしていました。
日常的な会話から、趣味、遊び、専門的な事などなど。
好きな内容の話であれば知識もある為、気負いなく話をする事が出来ます。

 

そこで大切にしていた事は自分自身の意見も伝える事でした。
ただ答えを聞いているとリスニングの練習になってしまうので、英語で意見を伝える事は話す力を伸ばすのにとても重要だと感じます。
それは仕事をする上でも同じ事が言えて、実戦を通しての気付きや学ぶ事があり、それを直ぐに活かす事によって話す力を身に付ける事が出来ました。

 

仕事の案件によっては使う用語も専門的になり、話す力だけではなくて併せて単語力もアップ。
通訳の仕事では相手の意見を聞いて瞬時に全てをくみ取って判断し、訳をする必要があるので瞬発力も磨かれました。

 

アメリカに1年間留学した時は、特に話す力がアップしました。
生活のほとんどが英語で、公園でバスケをする時は常に英語でコミュニケーションを取っていました。
初めて英語を話さないといけない状況になった為、「間違えていても話す」「伝える」という気持ちで過ごしていた結果、今まであった英語を話す事への抵抗が完璧になくなりました。

 

私の場合は、
中高英語で文法をしっかりと抑える→英語を話す機会を増やす
というプロセスが英語を話せるようになった鍵でした。

 

 

 

【意外なとこで使った“あの表現”】

出典:エアトリ

 

いかがだったでしょうか。
中高の英語は一見大切ではないように感じられますが、英語を話す上で重要な基礎作りの役割を担っています。
私がそれを特に実感したのがアメリカへ留学した際の入国審査でした。

 

約12時間の長い空の旅を終えた飛行機から降りて、荷物を受け取る前の入国審査。
画像の様な強面で年配の審査官がチェックを行い、前の人達がどんな風に審査を受けているのかを確認する私。
前の人が終わり、いよいよ私の番。

 

何の目的で来たのかやどこに住むかなどいくつかの質問へ順調に答えて、指紋を取りました。
いよいよ終わると思ったその時、審査官の目が私の胸ポケットを睨みつけました。
そして“What is it?”と私の胸ポケットに入っているものを指さして言いました。

 

その時の私の答えは…

 

 

 

 

“This is a pen.”

 

 

 

 

 

一生使わないと思っていた中学校で最初に学んだ表現を、英語を勉強をして15年間で初めて使った記念すべき瞬間でした笑
こんな珍事もある為、中高の英語はとても役に立ちます!

 

 

それではHave a nice day!