私の路上ライブ失敗記!最大の敵は○○

こんにちは!
石ちゃんです。

 

今回は私の「路上ライブでの失敗体験」です。

 

ではお楽しみあれ!

 

聴いてもらいたい!

 

今から3〜4年前から私は「どうやれば人に聴いてもらえるか?」ということをずっと考えていました。
曲もたまってきたし演奏もそこそこ上手くなってきた・・・。

 

しかし!お金がなのですよ。箱代が払えません。

 

なのでライブハウスは継続して出演できないし、他の方法もなかなか思い浮かびません。

 

どうしよう・・・?何かいい方法がないものか?

 

しかも、当時私バンドをやっていませんでした(今も真面目にはやってませんが)。
完全に一人だったのです。

 

その演奏体系といえば一人でアコギを弾くだけ。
歌も歌わないので本当にアコギ一本だけでした。

 

作る曲のタイプも自分で言うのもおかしいですが、かなり特殊です。

 

抽象的ですし自分で録って聴いてみてもかなりフワフワしているのです。
まあ一言で言えば「わかりづらい」んですよ。

 

これでライブハウス出てもなあ・・・。

 

 

 

そんな時

 

そんなこんな考えている内に駅前で「おっ!」という光景を目にします。
それは「路上ライブ」をしている二人組がいるではありませんか!

 

決してうまくはありませんが一生懸命演奏している姿に心が動きました。

 

「そうだ、俺も路上ライブしよう!」

 

これが私の路上ライブをする第一の動機でした。

 

しかし!

 

いざやろう!と思ってもアコギ一本では上手く路上で音は響きません。
アンプが必要です。

 

というわけでそれから資金集めをして数ヶ月後に路上ライブ用のアンプを購入しました”ROLAND AC40″
そのアンプに相性の良いギター弦、ピックなども研究し音が響くように執行錯誤しました。

 

いろいろ研究したと言ってもまだ不安です。

 

というわけで友達に聴いてもらうことにしました。
その友人に多摩川で待ち合わせしてきいてもらいます。

 

音が聞こえる角度、響くポイントなどいろいろアドバイスをもらいました。

 

その友達とは今でも仲がいいです。感謝してます。

 

 

曲と場所選び、そして友を呼ぶ

 

先程「曲が抽象的」といいましたが、それではダメだと思い
曲をなるべくわかりやすいものに再構成しました。

 

展開の明瞭さ、強弱、メロディなどなるべく歩いている人が足を止めてくれるような曲になるように全体を作り直しました。

 

そしてもう一点、人のカバーもやろうと決めました。
バンドで言うと、クリームやブランキーをやることに決めました。

 

路上ライブの場所はS駅という駅に決めました。
仕事の帰りに寄れるのが魅力だったのでその駅にしました。

 

人通りも夕方ごろから増えてくるのでそこが狙いどころです。

 

最後にギャラリーに友達の招待です。

 

何人かの友達に「ライブやるから来て!」と連絡しました。
今考えればいい迷惑ですね・・・。

 

とにかくこれで準備万端です。

 

 

本番!

 

日にちも決めて本番当日です。

 

30分前に駅の前でセッティングをします。
セットリストの紙を足元に置いてアンプから音を出しこれで完璧です!

 

一曲目のsyrup16gの「きこえるかい」です。

 

循環コードの簡単な曲ですがいくらでも料理できる曲です。

 

 

ギャラリーはというと・・・結構集まっています!

 

 

中でも小さな子供が口をポカーンと空けながら
こちらを見てるではありませんか!

 

あとお年を召したご老人も何人か足を止めています。

 

なんか「子ども率と老人率が高い
Syrup16gが琴線に響いたのか結構立って聴いている人がいます!

 

 

「やったぜ!」

 

 

心の中でガッツポーズを決め2曲です。
Eのブルースをターンアラウンドで始めると・・・

 

 

 

 

「こらー!うるさーい!」

 

 

 

 

 

怒られた!誰!?

 

なんと、おまわりさんですよ!
え、俺逮捕されんの!?

 

「こんなところでギター弾かないで!うるさいんだよ。屋内でやりなさい!」

 

屋内ってこれ路上ライブじゃん・・・

 

「はい、しまってしまって!」

 

集まってくれた人に私が言います
「はーい解散ーー!」

 

終わってしまいました。
怒られましたよ頭ごなしに、しかもおまわりさんに。

 

ギルティーギルティ〜

 

 

 

結果…

 

結果完全に「失敗に終わり」ました。

 

曲も一曲しか出来ませんでしたし、おまわりさんに止められちゃやめるしかないでしょう。

 

しかし片付けしている間「また来てやればいいですよ」と聴いてくれた方に言われて嬉しかったですね。
素直に、はい。

 

それからは路上ライブはやっていませんが
いい経験になったのは確かです。

 

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?私のライブ失敗記。

 

結果としては失敗に終わりましたが、
曲の構成の組み立て、演奏方法の改善など勉強になった点はたくさんありました。

 

どうやれば聴いてくれるかを考えられたのはあまりないことだったので
ライブハウスとはちがう準備ができて結構実りはあったのでは?

 

今度は失敗しないように考えてライブします。

 

よくわからん曲をギター一本で弾いている男がいたら
多分私なので是非聴いてやってください。

 

ではまたお会いしましょう!

 

 P.S.

 

他にもあなたのニーズにこたえる音楽・楽器記事を更新中

▼あなたもついつい読み続けちゃう音楽記事▼

Hej!(ヘイ) マーヴィンです!   今回は エレキベースの開拓者 Jaco Pastrius(ジャコ・パストリアス) です。   3トーンサンバーストのフレットレスベースがトレ […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回は世界のトップギタリスト、ジェフ・ベック(Jeff Beck)のオリジナルアルバム「Jeff」についてお話ししていきます。   ジェフ・ベックの […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんが好きなアーティストのCDを選ぶ上で重要視していることは何ですか?   コアなファンならこのアルバムがおすすめ!っていうのがある […]

What’s up, 皆さん、RTです。   突然ですが、映画で使われた曲って結構耳に残りませんか。 歌詞は覚えていなくてもメロディーは結構覚えているかもしれません。   『タイタ […]

  こんにちは!石ちゃんです。   今回の記事で取り扱うのは ブルースマン「ロバート・ジョンソン」についてです。   1930年代にギター一本でブルースの弾き語りをしてい […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   以前書いたKiesel Guitarsの記事に多くのアクセスがありました。 ありがたいことですねえ。   今回は前回補足しきれなかったKis […]

What’s up, 皆さん、RTです。   皆さんは”スパイダーマンがMCUに残留&新作製作決定したニュース“をご存知ですか?   2019年8月にディズ […]

こんにちは!石ちゃんです。   今回はピックの紹介です。   皆さんはウルテムピックって知ってますか?   私はこのHISTORY(島村楽器のブランド)から販売されてるウ […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。   そろそろ本格的に寒くなってきましたね。 最近はアイスのお供にあったかい紅茶が必須です! ラムレーズンアイスと紅茶の相性はバツグンですよ!   […]

Hej!(ヘイ) マーヴィンです。     今回はオマケ記事、 FENDER CUSTOM SHOP(CS) EXPERIENCE イベントグッズ編です!     […]